ぐんまの特産品

食品

焼きまんじゅう

焼きまんじゅうの写真

 焼きまんじゅうは、上質の小麦を原料としたあんの入らないままのまんじゅうを竹串に刺し、糖分を加えた味噌を塗ってこんがり焼いたものです。江戸時代から親しまれているこの焼きまんじゅうは、祭りや草競馬などの行事には欠かせない上州の風物詩のひとつです。


こんにゃく

こんにゃくの写真

 こんにゃくはサトイモ科の多年生植物で、群馬県は全国一のこんにゃくの産地です。県内の主な栽培産地は、下仁田町を中心とした甘楽富岡地域、利根郡、北群馬郡、吾妻郡等中山間地域です。伝統食品として親しまれてきたこんにゃく製品も、近年では、こんにゃくゼリーなどの新しい食味が好評を博しています。


うどん

うどんの写真

 畑作農業の盛んな群馬では、良質な小麦をもとにおいしいうどんが作られています。うどんが名物なのは、原料の小麦の質はもちろん、良い水、良い気候に恵まれ、乾麺の味を決める自然乾燥がスムーズに行われるためです。その結果、当地ならではの歯ごたえと素朴な風味で知られるうどんが生まれました。


漬物

漬物の写真

 「からっ風」で知られる群馬県は、冬は猛烈な寒気に見舞われますが、高台にあるため冬季多日照という自然条件により、沢山の野菜が作られ、この野菜をもとに種類豊富な漬物が作られています。


麦落雁

麦落雁の写真

 この菓子は、県内でも屈指の大麦の産地である館林市近郊の地域性から生まれました。大麦を炒って粉にし、ふるいにかけて砂糖・片栗粉を加えて、独特の技術で固めた落雁です。口に入れると、麦のこうばしい香りとともに、ほのかな甘みが口全体に広がっていきます。


磯部せんべい

磯辺せんべいの写真

 磯部温泉の土産品として知られる磯部せんべいは、小麦粉と砂糖を主な原料とし、当地の鉱泉を使用して薄く焼いたものです。明治19年に高崎-磯部間の鉄道が開通し、磯部温泉の名が知られるようになりました。その結果考案されたのが磯部せんべいであり、鉱泉とならぶ当地の名物となっています。


民工芸品

近代こけし

近代こけしの写真

 東北地方に残る伝統こけしに対し、近代的な造形美に主眼を置くのが近代こけし。近代こけしは、ケヤキ、ミズキなどの木目の美しさを保ちながら、ロクロ技法により創作され、その美しさ、ゆかしさ等からインテリア商品として愛用されています。


高崎達磨

高崎達磨の写真

 達磨は、文化年間、高崎・少林山達磨寺開祖の登皐心越が描いた一筆達磨像をヒントに農家の副業として製造されたのが始まり。上州独特のからっ風とおだやかな陽射しの中で長時間乾燥された高崎達磨は艶やかな色が特色。まるい形は家庭や社会の円満を表しています。


絹織物

絹織物の写真

 養蚕の盛んな群馬県では、銘仙の名で親しまれていた伊勢崎織物、「西に西陣、東に桐生」といわれた桐生織物の産地が点在しています。伝統的織物を中心としていますが、最近では新しい技法をとりいれたりして、様々な種類の織物を生産しています。


木工製品

木工作品の写真

 群馬県は山岳地帯が多く、林産資源が豊富なうえに、利根川の水運が発達していたために早くから木工が栄えていました。製品は各地区によって多少異なりますが、最近では村おこしの一環として、木目を生かした各種木工製品が作られています。


このページについてのお問い合わせ

総務部広報課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2161
FAX 027-243-3600
kouhouka@pref.gunma.lg.jp