本文へ
表示モードの切替
印刷

富岡製糸場と絹産業遺産群

「富岡製糸場と絹産業遺産群」とは

 世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」は、長い間生産量が限られていた生糸の大量生産を実現した「技術革新」と、世界と日本との間の「技術交流」を主題とした近代の絹産業に関する遺産です。
 日本が開発した生糸の大量生産技術は、かつて一部の特権階級のものであった絹を世界中の人々に広め、その生活や文化をさらに豊かなものに変えました。

構成資産

「富岡製糸場」(とみおかせいしじょう) 富岡市

 近代技術による日本初の本格的製糸工場、ほぼ完全に残る唯一の官営工場

「田島弥平旧宅」(たじまやへいきゅうたく) 伊勢崎市

 瓦屋根に換気設備を取り付けた近代養蚕農家の原型

「高山社跡」(たかやましゃあと) 藤岡市

 日本の近代養蚕法の標準「清温育」(せいおんいく)を開発した場・養蚕教育機関

「荒船風穴」(あらふねふうけつ) 下仁田町

 自然の冷気を利用した日本最大規模の蚕種(さんしゅ、蚕の卵のこと)貯蔵施設

富岡製糸場の写真
富岡製糸場
田島弥平旧宅の写真
田島弥平旧宅
高山社跡の写真
高山社跡
荒船風穴の写真
荒船風穴

詳しくは…

詳しくは、世界遺産課が運営する、「富岡製糸場と絹産業遺産群」公式ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

このページについてのお問い合わせ

企画部世界遺産課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2326
FAX 027-224-2812
E-mail sekaiisan@pref.gunma.lg.jp