県民の日の由来

 来たる10月28日は群馬県民の日です。毎年、県民の日は公立学校等が休みになり、県内各地で記念事業や施設の無料・割引開放が実施されており、今年も多くの催しが予定されています。
 ところでこの群馬県民の日とは、そもそもどんな日なのでしょうか?

制定の趣旨及び経緯

 群馬県民の日は、昭和58年に「第38回国民体育大会(あかぎ国体)」「第19回全国身体障害者スポーツ大会(愛のあかぎ大会)」が開催され、県民意識が高まったことをきっかけに「郷土の歴史を知り、郷土についての理解と関心を深め、自治の意識を高めるとともに、より豊かな郷土を築きあげることを期する日」(群馬県民の日を定める条例第1条)として昭和60年に制定されました。
 制定に際しては、まず昭和59年10月に県各界の代表者を構成員とする制定懇談会が設置され、その中で期日・名称・制定形式等が検討されました。制定懇談会の報告を基に昭和60年3月「群馬県民の日を定める条例」が制定され、同4月施行されました。

10月28日に決定した理由

 制定懇談会において候補として挙がった期日は、下記の3案です。

  1. 初めて「群馬県」の名称が使用された(明治4年)10月28日
  2. その後の統廃合で群馬県がほぼ現在の形となった(明治9年)8月21日
  3. 県民総参加で大成功をおさめた「あかぎ国体」の秋季大会開会の日であった(昭和58年)10月15日

 この中で、歴史的に由緒があり、記念事業が実施しやすい等の理由で10月28日が選ばれました。

 なお、明治4年当時日本はまだ太陰暦を使用しており、旧暦明治4年10月28日は太陽暦では1871年12月10日に当たりますが、12月10日は時期的に年の暮れで社会全体が忙しく、山間部では雪も降り始めることから、県民の日には10月28日が適当と判断されました。

終わりに

 群馬県民の日が制定されてから31年が経ち、10月28日という日は多くの県民にとって馴染みの深い日となってきました。
 まもなく31回目の県民の日がやってきますが、この機会に改めて郷土の歴史や文化にふれ、ふるさと「群馬県」について思いをめぐらせてみませんか。

このページについてのお問い合わせ

生活文化スポーツ部県民センター
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2262
FAX 027-223-2944
kenminsen@pref.gunma.lg.jp