本文へ
表示モードの切替
印刷

15 牛伏山

【ぐんま百名山 No.15】

牛伏山(うしぶせやま)

牛伏山(うしぶせやま)写真

 

 臥牛に似た山姿から名付けられたこの山は、昔から町のシンボルとして人々に親しまれてきた。「多胡嶺」として万葉集にも詠われている。

標高

491m

関係市町村

高崎市

登山口

牛伏山登山口

問い合わせ

高崎市吉井支所産業課 電話: 027-387-3111

『わたしの百名山物語』(平成18年3月 群馬県発行)から

牛伏山からの日の出 (吉井町・下村勇夫)

 牛伏山頂上に着いたのは朝の5時30分。東の空は薄紅色に染まり始めていた。期待に胸を弾ませながら、日の出を待った。

 やがて筑波山よりやや東北東に寄った方角から太陽が顔を出した。

 瞬く間にそれは大きくなり、その全貌を現わした時、私は思わず「凄い!」と声を出していた。それは真赤といってよい程赤い太陽であった。でも、それは長くは続かなかった。1~2分のことであったろう。やがて赤い太陽は名状し難い透明な光の塊となり、私の眼を直撃するようになり、まともに見ることができなくなった。私は太陽に向かって深呼吸をし、今日1日が良い日でありますように、と祈って山を下りた。

 途中、仲間のYさんと出逢った。赤い太陽の話をすると「それはすばらしい日の出でしたね。赤いといえば、この時季、浅間山が朝日を浴びて真赤に様変りする眺めもすばらしいですよ」と教えてくれた。

 そうだ、西登山口から登れば、見晴台から浅間山は真正面だ。この次は赤浅間を見に来よう。眼を転ずれば谷川岳も、榛名山や赤城山、関東平野も一望できる牛伏山。

 身心の健康のためにも、山登りはずっと続けたいと頻りに思う此頃である。

 

※登山や観光についてのお問い合わせは、上記問い合わせ先町役場へお願いいたします。


このページについてのお問い合わせ

環境森林部自然環境課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2872
FAX 027-243-7702
E-mail kanshizen@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。