本文へ
表示モードの切替
印刷

57 諏訪山(上野村)

【ぐんま百名山 No.57】

諏訪山(上野村)(すわやま)

諏訪山(上野村)(すわやま)写真

 西上州の静かな信仰の山。「上ヤツウチグラ」ともいう。山頂の北にある岩峰は「下ヤツウチグラ(別名・三笠山)」と呼ばれ、三笠山刀利天王の祠が祭られている。

標高

1549m

関係市町村

上野村

登山口

楢原口、浜平口

問い合わせ

上野村企画財政課 電話:0274-59-2111

『わたしの百名山物語』(平成18年3月 群馬県発行)から

岩ツツジが迎えてくれる諏訪山(上野村) 【前橋市・白石亜弥子】

 群馬のチベットといえそうな上野村。ツル舞う形の片方の羽根の先に位置するのが諏訪山である。日航機事故の現場御巣鷹山の近く。山が深く往復8時間を要するこの山に登る人は少ない。しかしこの山の西に神流川源流部と県境をまたいで長野県南相木村に上部(長野側)、下部(群馬側)両ダムが建設されており、相当な発電量が実現まぢかである。そのため登山口までは完備した道路をゆく。

 登山起点の浜平鉱泉は今は営業していないが、沢沿いに登ってゆくとかなり強い鉱泉の臭いが漂ってくる。この鉱泉は水虫に大変よく効くそうである。

 湯の沢を登り水場を越すとジグザグコースを経て湯の沢の頭。これより尾根道となり展望が得られる。これからが長丁場。雑木林の中のらくちんな道、ハシゴ、クサリ等変化に豊んだ登山道が続く。

 4月中、下旬なら道々「岩ツツジ」が優しく迎えてくれる。「岩ツツジ」は西上州や奥多野での通称でミツバツツジのことである。崖の上から枝垂れた岩ツツジが陽に輝く様はまさに桃源郷と呼ぶにふさわしい。また、この辺ではミツバツツジとアカヤシオツツジが咲き競っていることも多い。花の旬に出会えた人はまさにラッキーな人である。

 

※登山や観光についてのお問い合わせは、上記問い合わせ先村役場へお願いいたします。


このページについてのお問い合わせ

環境森林部自然環境課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2872
FAX 027-243-7702
E-mail kanshizen@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。