本文へ
表示モードの切替
印刷

80 根本山

【ぐんま百名山 No.80】

根本山(ねもとさん)


根本山(ねもとさん)写真

 江戸時代中期、後期に山岳信仰で栄えた山。中腹に根本山神社を祭る。信仰は、関東一円から信越奥州まで広まり、参詣用のガイドブックまで出版されたという。

標高

1199m

関係市町村

みどり市、桐生市

登山口

不死熊橋

問い合わせ

桐生市産業振興課 電話:0277-46-1111

『わたしの百名山物語』(平成18年3月 群馬県発行)から

根本山のトウゴクヒメシャラ (桐生市・佐鳥英雄)

 私の友だちに「桐生に嫁に来てとっても幸せ」と口癖のように言う人がいる。私は嫁に来てはいないが同感、同感。

   山が好き山に抱かれて眠らなむ

    我生くる日も我死ぬる日も

 私の腰折れの一つである。

 桐生の山々は、麓に立つたびに、その豊かな水で私を包みこんでくれる。

 この根本山の中腹の沢辺にあるのはトウゴクヒメシャラではないか・・・と私が気づいたのは1982年だった。幹に薄いリングの模様をつけるシャラを、登りながら何本か見たからだった。 翌年6月、私は仲間の一人、星野さんを誘って山に入った。増水した深みに星野さんが落ちて、ズブ濡れになったりしながら辿り着くと、そこには疑いもないトウゴクヒメシャラの残り花があった(群馬県では1976年東村沢入(現みどり市)で岩崎正幾により発見されている)。その星野さんが、ある日電気工事の仕事から戻り、近所の人から点かない街灯をみてほしいと言われ、登ったハシゴから落ちて病に伏すのは7年ほど後のことだった。葬儀の日、私は彼がクリスチャンだったことを初めて知った。オネジモ星野晴男は1996年帰天した。

 トウゴクヒメシャラは旧版の『群馬県植物誌』には記載がない。

 

※登山や観光についてのお問い合わせは、上記問い合わせ先市役所へお願いいたします。 


このページについてのお問い合わせ

環境森林部自然環境課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2872
FAX 027-243-7702
E-mail kanshizen@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。