本文へ
表示モードの切替
印刷

峠道を行く(2018年5月26日 高崎市、安中市)

風戸峠(秋間側)の写真
風戸峠(秋間側)
風戸峠より安中、秋間を見たときの写真
安中、秋間方面の眺め
風戸峠頂上戸谷山入り口の写真
戸谷山の入り口
 本日は、県道122号と県道48号を通って、富岡市(妙義町)-安中市-高崎市(倉渕町)-渋川市を車で走ってきました。

 その途中、安中市から高崎市へ抜ける風戸峠を通過しました。ここは、松井田(安中市)方面から倉渕(高崎市)方面へ入っていく道路で、江戸時代末期の幕臣、小栗上野介が江戸から知行地の倉渕村へ下野することになった際、高崎にて二隊に分かれ、小栗又一の隊が中山道を通り「高崎-安中-秋間-長岩-風戸峠-室田」と抜けたときの通り道でした。

 秋間(安中市)側は道が細く、現在はあまり使われていないようで、車での走行には不安でした。風戸峠頂上の戸谷山入口部分は登山道で、昔はこんな道だったろうと想像されました。

 県道48号道路との合流点から、高崎側は道が広く、安心した走りができました。

このページについてのお問い合わせ

総務部広報課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
E-mail kouhouka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。