本文へ
表示モードの切替
印刷

浦野真樹詩画展覧会「今日もうたたね~もやしが伸びた日~」(2018年5月29日 東京都)

詩画展にいらしら方々の写真
前橋市長の写真
杉井監督ときむら先生の写真
展示された絵の写真
イベントチラシの写真
 東京出身前橋在住の詩人、浦野真樹さんの詩画展「今日もうたたね~もやしが伸びた日~」が、5月29日から6月10日まで、東京恵比寿の画廊「ギャラリーまぁる」にて、開催されています。

 これは、真樹さんの詩に共感した人気作家6名が、詩をテーマに絵を描き展覧会としたもので、絵に合わせたイメージで、同時に展示している詩自体にも色がつき、ほかの展示にはない一体感とファンタジックな空間を作り出しています。
 参加作家さんは、小倉正巳さん、白石佳子さん、TAIZOさん、鯰江光二さんを中心に、ゲスト作家として、大ベテランの篠崎三朗さんと宮西達也さんという、実力も人気もあり、人柄も魅力的な方々です。

 29日のオープニングパーティーには、2016年に前橋市で開催された展覧会が大好評だったアニメーション映画の巨匠・杉井ギサブロー監督や夏山美樹さん夫妻、「あらしのよるに」等々で人気のきむらゆういちさん、「もったいないばあさん」で話題の真珠まりこさんほか、多くの作家さんや編集者、プロマジシャン、ご友人らがいらしてくださり、大盛況でした。
 また、ご多忙の中、山本龍前橋市長もお祝いに駆けつけてくださり、「詩とその詩を題材に描かれた画と画廊のたたずまいが補完しあって、一つの作品となっている。楽しい時間をありがとうございました」という嬉しいお言葉もいただきました。

 詩と絵に癒やされると、毎日画廊に通われる方々がいらっしゃるほど、楽しい浦野真樹詩画展。会期中のイベントには、編集者トークライブや夏山美樹画廊ライブ、作家リーディングやギャラリートークのほか、前橋から詩のリーディングに田子智代さんがおいでくださり、詩人田中庸介さんとのトークショーなど、盛りだくさんです。

 東京においでの際は、ぜひ「今日もうたたね~もやしが伸びた日~」詩画展をのぞいてみてはいかがでしょうか。
 なお、6月28日には、同名の詩画集も発売されます。

 恵比寿だけでなく、今後は、群馬での展覧会やイベントも、多くの方々から期待されています。

このページについてのお問い合わせ

総務部広報課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
E-mail kouhouka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。