本文へ
表示モードの切替
印刷

八ッ場ダム工事現場を見学に(2018年5月2日 長野原町)

工事現場の様子写真その1
工事現場の様子写真その2
現場を見学する人々の写真
ダムカードと石の写真
 町内のいきいきサロンのツアーに参加して、八ッ場ダム工事の見学に行きました。
 平成31年度に完成予定の八ッ場ダムは、ダム王国の群馬県でも、今までのダムとは比較にならないほどの巨大な計画らしいので、周辺の風景なども含めて念入りに眺めてきたいと思いました。

 まず、「なるほど!やんば資料館」へ立ち寄り、解説員の話を聞いてから、各人がヘルメットをかぶって右岸天端の見学場所へ。
 いつも300人以上の作業員が働いているそうですが、何しろ高いところから見下ろすので、その姿は小さく見えるだけです。コンクリートの枠などを運ぶクレーンやリフトばかりが巨大で圧倒されます。
 発電所をつくる場所と、四角い大きな穴が見えますが、点検用のトンネルに使う枠も運ばれてきて、完成後の作業ともつながっているのだなと感じられます。
 吾妻川の流れを見ながら、「吾妻渓谷にはきれいな水が、ずっと届きます。」という解説員の言葉を思い出しました。

 お土産に、ダムカードと石。
 なお、この石と同じものに各人が名前や願い事を書いて置いてきました。
 のちに砕かれ、セメントに混じって、ダムの一部となるそうです。

このページについてのお問い合わせ

総務部広報課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
E-mail kouhouka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。