本文へ
表示モードの切替
印刷

玉原パトロール報告304/積雪やっと30cm!(2017年12月16日 沼田市)

中心広場の写真(人間の足跡)
中心広場
ミズキにできたクマ棚の写真
クマ棚
キツネ(左)とタヌキ(右)の足跡の写真
キツネの足跡(左)とタヌキの足跡(右)
シカ(左)とテン(右)の足跡の写真
シカの足跡(左)とテンの足跡(右)
ネズミ(左)の足跡とセッケイカワゲラ(右上)、トゲトビムシ(右下)の写真

ネズミの足跡(左)
セッケイカワゲラ(右上)
トゲトビムシ(右下)

 本格的な寒波がやってきたので、積雪状況を知るため、入山しました。

 湿原方向の道路は雪で封鎖されているので、これからはスキーパークに駐車させてもらいます。スキーパークは全面滑走に向けて整備中でした。

 まだスノーシューは必要ないだろうと思っていましたが、思ったより雪が積もっており、初スノートレッキングとなりました。

 雪が積もることによって、やぶを歩くのが簡単になり、目標物までより近づくことができます。以前から気になっていたクマ棚に近づいてみると、ミズキに登っていたことが分かりました。ミズキの実も食べると聞いてはいましたが、初めて確認しました。今年の玉原は、初秋のウワミズザクラの実が凶作だったので、ミズキの実で空腹を満たしていたのでしょう。

 中心広場のくいが半分ほど確認できたので、雪は30~40cmほど積もったようです。雪の上には、キツネやタヌキ、テン、シカ等の足跡があり、小さなネズミはシッポを引きずっている跡がありました。

 初スノーシューは疲れるので、足慣らしと思って調整池まで向かいました。
 雪面には、5mmほどの大型トビムシ「トゲトビムシ」や、冬季に上流移動をする体長1cmほどのセッケイカワゲラを確認することができました。

このページについてのお問い合わせ

総務部広報課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
E-mail kouhouka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。