本文へ
表示モードの切替
印刷

多々良沼に白鳥飛来の本格シーズンが到来しました(2017年12月2~4日 館林市・邑楽町)

ハクチョウの写真
多々良沼のオオハクチョウ
泳ぐハクチョウの写真
ガバ沼のオオハクチョウ
ミサゴの写真
獲物をくわえて飛ぶミサゴ
タヌキの写真
遊歩道に現れたタヌキ
 今年は例年より白鳥の飛来が遅く、多々良沼では11月16日に5羽のオオハクチョウの飛来が確認されました。しかし、その後別の場所へ移動してしまったようで、しばらく確認できない状況が続いていました。

 12月に入り、2日に3羽を確認、3日には23羽を確認するまでに急増しました。4日にも多々良沼中央部の沼岸でくつろぐオオハクチョウ23羽を確認することができ、ようやく定着したようです。
 2日、3日は、土日が重なったこともあり、野鳥の姿を写真に収めようと、多くのカメラマンが訪れていました。

 また、多々良沼では、ハクチョウのほかミサゴが度々飛来しており、大きな魚を捕獲する様子が確認されています。また、遊歩道にタヌキが飛び出してきた様子も見られました。

このページについてのお問い合わせ

総務部広報課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
E-mail kouhouka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。