本文へ
表示モードの切替
印刷

信越本線横川~軽井沢間廃止から20年(2017年9月30日 安中市)

旧丸山変電所の写真
「夜のトロッコ列車」パネル写真
碓氷線の歴史のパネル写真
EF63「ロクサン」重連ヘッドマーク付きの写真

 朝早くJR信越線の横川駅を訪れ、横川駅から峠の湯まで、遊歩道「アプトの道」を歩いてきました。
 
 「アプトの道」は、信越本線アプト式鉄道時代の廃線敷を利用して、横川駅~熊ノ平駅の間の約6キロメートルを整備した遊歩道です。 遊歩道の途中には、国の重要文化財である旧丸山変電所やめがね橋などがあります。 また、20年前の9月30日の長野新幹線開業により、信越本線横川~軽井沢間が廃線となりました。廃線後、横川駅付近にある「碓氷峠鉄道文化むら」では、毎年たくさんのイベントが開催されています。

 この碓氷峠鉄道文化むらでは、現役を引退している電気機関車EF63の運転を体験できます。また、夜にはトロッコ列車が運転されていました。

このページについてのお問い合わせ

総務部広報課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
E-mail kouhouka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。