本文へ
表示モードの切替
印刷

前橋こども芸能座へ(2017年9月10日 前橋市)

前橋こども芸能座のチラシ写真
前橋こども芸能座の様子その1
前橋こども芸能座の様子その2
前橋こども芸能座の様子その3
 昌賢学園まえばしホール(前橋市民文化会館)で、第8回「前橋こども芸能座」が開かれました。

 この催しは、前橋市の文化協会が「ふれあい体験事業」として行っているもので、伝統芸能の体験を通して、活動の発展と文化意識を高めるために企画されました。
 ふれあい体験を行ったのは7つの団体で、ステージで子供たちが技を披露しました。

 大正琴のステージで歌を歌った小学2年生の男子は、「来年は演奏で出たい」と話してくれました。
 また、民謡の団体「鈴雲会」では、塩ビ管で作った尺八が紹介されました。
 民踊のステージでは、観客の手拍子も加わり、盛り上がりました。

 「上州八木節音頭」は、倉賀野から栃木県の楡木(にれぎ)までをつなぐ例幣使(れいへいし)街道沿いにある八木宿で生まれたそうです。こういった紹介などもあり、力強い演奏に会場が沸きました。

 このほか、能楽や三味線、琴、日本舞踊などもありました。興味をもった方は、ぜひ、ふれあい体験に参加してみてください。

このページについてのお問い合わせ

総務部広報課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
E-mail kouhouka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。