本文へ
表示モードの切替
印刷

秋を迎える尾瀬沼(2017年9月3日 片品村)

タケシマランの写真
タケシマラン(赤いものが実)
エゾリンドウの写真
エゾリンドウ
イワショウブの写真
イワショウブ
だるまの写真
「みんなで守り、みんなで楽しむ」
  尾瀬沼周辺では、早くも秋の気配が感じられます。

 今回、低公害車の乗り合いバスを利用して尾瀬大清水口から一ノ瀬へ向かい、尾瀬沼周辺を歩いてみました。尾瀬沼東岸のコースで、一ノ瀬から三平峠、尾瀬沼ビジターセンター、沼尻湿原を歩きました。

 自然の息づく尾瀬は、保護活動の成果もあって、訪れたハイカーも自然を守り、尾瀬歩きを楽しんでいます。

 今回のコースは、森林と湿原を交互に楽しめました。
 この時季、森林地帯の木道沿いでは、赤い実をつけたタケシマラン、ゴゼンタチバナ、ハリブキなどを見ることができます。湿原では、青いエゾリンドウ、赤みを帯びたイワショウブ、黄色のミヤマアキノキリンソウ、オゼミズギクなどが咲いています。

  これから草紅葉とヒツジグサの紅葉が見頃を迎える時季になります。

このページについてのお問い合わせ

総務部広報課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
E-mail kouhouka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。