本文へ
表示モードの切替
印刷

2015梨園オカリナライブ(第2回梨園ライブ)(2015年9月19日 高崎市)

2015梨園オカリナライブチラシの写真
オカリナ出演の写真 その1
オカリナ出演の写真 その2
オカリナ出演の写真 その3
清水美子さんのソプラノ独唱の写真

 9月19日(土)、高崎市下里見公民館にて、2015梨園オカリナライブ(第2回梨園ライブ)が開催されたので、行ってきました。主催は、里見の郷フェスティバル実行委員会、共催は悴田梨園・星の会、企画・運営は音響社スタージオンです。指揮・進行は岸敏郎さん、ピアノ伴奏は清水美子さんがそれぞれ務めました。
 10年ほど前から毎年、地域の魅力を発信することを理念に、里見梨などの果樹の収穫時期に合わせて、年3回のライブを行っています。特別ゲストを迎えての楽しい演奏会です。10月24日開催予定の第3回梨園ライブで、なんと通算第30回になるそうです。

 オカリナ出演は、長野公民館の「土の音」、榛名公民館の「手のひら」、榛名公民館の「榛名の風」、藤岡平井公民館の「ひびき」の4組です。
 土の音は、『大脱走マーチ』『高校三年生』『川の流れのように』を、手のひらは、『知床旅情』『四季の歌』『ハイ・ホー』を、榛名の風は、『君をのせて』『希望』『花のまわりで』を、ひびきは、『いつくしみ深き』『広い河の岸辺』『高原列車は行く』を、それぞれ演奏しました。
 オカリナの演奏に続き、清水美子さんによる『風の盆』の歌唱指導があり、続いて「清水美子と共に歌おう『歌声響く梨の星』」と題したプログラムでは、清水さんによるソプラノ独奏が3曲披露された後、出席者の皆さんと一緒に3曲熱唱されました。
 出演者は総勢45名です。
 芸術を愛する心を持った皆さんの演奏は、本当に素晴らしく、楽しみながら演奏している様子が伝わってきます。
 オカリナの音色には不思議な魅力があり、音楽の力は人間を感動させて心豊かにしてくれます。
 今回の演奏曲の中では、筆者は特になかにし礼作詞・作曲の『風の盆』の「哀しいときは 目を閉じて 八尾の秋を思い出す…」というフレーズに感動しました。

 第3回梨園ライブは、10月24日(土)午後2時から開催される予定です。会場は悴田梨園で、3組のオカリナ出演と、岸敏郎さんの「幻の楽器オークラウロの響き」が予定されています。また、特別出演として、復元オークラウロ製作者の秋山好輝さんがいらして製作秘話を語ってくださいます。県内の音楽ファンの方、幻の楽器オークラウロの演奏をぜひ聴きに行ってみてください。梨園の下で果樹の香りがする中のライブ演奏は素晴らしいですよ。

会場を訪れた人たちの写真
オカリナ出演の写真 その4

このページについてのお問い合わせ

総務部広報課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
kouhouka@pref.gunma.lg.jp