本文へ
表示モードの切替
印刷

認知症とともによりよく生きる社会に向けて、今、企業ができること~認知症700万人時代を考える~【12月1日締切】

 高齢化の進展に伴い、認知症は誰もが関わる可能性のある身近な病気となっており、2025年には、認知症高齢が全国で約700万人になると推計されています。
 認知症になっても住み慣れた地域でよりよく生きられる社会をつくるため、認知症の人やその家族に選ばれる商品・サービスや企業のあり方について、県内企業や関係者とともに考えるセミナーを開催します。

1 開催日時

 平成29年12月6日(水)13時30分~16時00分

2 会場

 群馬県市町村会館(前橋市元総社町335-8)

3 対象者

 県内企業、医療・介護・福祉関係者、行政等 150名

4 内容

第1部 基調講演

 認知症とともによりよく生きる社会に向けた潮流
 ~国内外の企業のアクションに焦点をあてて~

第2部 ワークショップ

  • 事例発表(行政、企業、医療者それぞれの立場から)
  • フロアでの意見交換とパネラーとのディスカッション

講師・ファシリテーター
 堀田聰子氏(慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科教授)
 徳田雄人氏(DFJI認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ共同代表)

5 参加申込方法

参加申込書(下記の案内チラシの裏面)に必要事項を記載の上、FAXでお申込みください。

  • 送付先 群馬県健康福祉部地域包括ケア推進室 FAX:027-243-2044
  • 募集期限:平成29年度12月1日(金) 
     ※申込受付の連絡等を行いませんが、定員に達した場合は事前に御連絡いたします。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部地域包括ケア推進室
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-897-2733
FAX 027-243-2044
E-mail houkatsukea@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。