重粒子線治療

群馬大学重粒子線医学センター施設の外観


(資料提供:群馬大学)

群馬県では、群馬大学との共同事業として、重粒子線治療施設を整備しています。

重粒子線治療について

がん治療に関する詳細は、以下の群馬大学のホームページでご確認ください。


重粒子線治療の概要


  • 平成22年6月1日から群馬大学重粒子線医学センターにおいて、一般向けの先進医療が開始されました。先進医療に係る技術料は314万円と決まりました。
  • 重粒子線治療は、従来の放射線治療に比べて病巣に集中して照射でき、周囲の正常な細胞への影響を極力抑えられるという特長があり、また、細胞を殺傷する能力も2倍から3倍強いことから、体への負担が少なく、治療日数を減らすことができます。
  • 平成22年3月の開始以来、のべ2000人近い治療を行ってきました。骨軟部腫瘍、頭頸部腫瘍、肺がん、肝臓がん、膵臓がん、直腸がん、前立腺がん、子宮頸がんなどを主な適応としています。このうち、切除の適応とならない骨軟部腫瘍には、平成28年4月から健康保険等が適用されることになりました。
  • 骨軟部腫瘍以外は先進医療として行われます。先進医療では、重粒子線治療は健康保険等の適用とならないため、患者さんは高額な治療費を自己負担しなければなりません。県では、こうした経済的負担を軽減するため、県民が治療費を金融機関から借り受けた場合に利子を補助しています。

整備の経緯

この重粒子線治療施設は、群馬県と群馬大学が共同で整備を進めてきたもので、国内では3カ所目(現在、国内では合計5カ所あります。)、大学に設置されるものとしては国内で唯一の施設となります。また、県が整備する部分に対して、前橋市をはじめとした全市町村からの支援が行われています。

  • 平成18年8月:群馬県と群馬大学との間で「重粒子線照射装置の整備に関する協定書」の締結
  • 平成19年1月: 着工
  • 平成20年10月:施設の完成
  • 平成22年1月28日:装置の完成
  • 平成22年3月16日:治療の開始
  • 平成22年6月1日:一般向けの治療(先進医療)の開始
  • 平成28年4月1日:切除の適応とならない骨軟部腫瘍に健康保険適用

治療費について

1 治療費について

重粒子線治療は一部が保険適用になりましたが、その他の疾患については、学会が作成した疾患別統一治療方針に基づいて、引き続き先進医療として治療が行われます。

先進医療による重粒子線治療の場合は、保険の適用とならないことから、314万円の先進医療費については全額患者さんの自己負担となります。ただし、診察や検査、入院などの通常の治療と共通する部分に係る経費については健康保険等が適用されます。

(1)保険診療による重粒子線治療

保険診療による重粒子線治療の場合は、重粒子線治療の医療費についても通常の医療と同様に、自己負担割合に応じて1割から3割の自己負担が必要となります。治療や検査の内容などによって、費用の違いがあります。
保険診療においては、高額療養費制度(医療機関や薬局の窓口で支払った額が、月の初めから終わりまでで一定額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度)が適用になります。あらかじめ「限度額適用認定証」の交付を受ければ、医療機関の窓口に提示することで、医療機関ごとにひと月の支払額が自己負担限度額までとなります。

(2)先進医療による重粒子線治療

先進医療による重粒子線治療の場合は、重粒子線治療の費用については全額自己負担となり、通常の治療と共通する部分については公的医療保険が適用され、一部自己負担となります。

先進医療費の図画像


先進医療部分(全額自己負担)

 先進医療の費用は全額自己負担となり、健康保険や高額療養費制度による助成は利用できません。

保険診療が適用される部分

 先進医療部分の他に、通常の治療と共通する部分(診察、検査、投薬、入院など)の費用については健康保険等が適用されますので、一部負担金(3割など)を支払っていただくことになります。

(資料提供:群馬大学)

2 利子補給制度について

こうした患者の経済的負担を少しでも軽減するため、群馬県では、県民が群馬大学の重粒子線治療を受けるため、治療費を金融機関等から借り受けた場合、その利子の一部を補助しています。

《利子補給制度の内容》

(1)対象者:群馬県に1年以上在住している県民が群馬大学の重粒子線治療施設において治療を受けるため、患者又はその親族等が治療費を金融機関等から借り受けた場合
(2)対象融資限度額:314万円(7年間の返済を限度)
(3)補助率:6%を限度として以下の区分により支援
 ア)患者が非課税世帯に属する場合:借入利率の10/10
 イ)患者が課税世帯に属する場合:5/10
(4)要綱、様式などのダウンロード

 (5)チラシのダウンロード

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
以下の「Get ADOBE READER」のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードして下さい。

Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部 医務課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2531
FAX 027-223-0531
imuka@pref.gunma.lg.jp