本文へ
表示モードの切替
印刷

がんに強い!からだにやさしい!!「ぐんまの重粒子線がん治療」県民講演会を開催します【6月14日締切】

 「重粒子線」は放射線の一つで、がんにピンポイントで照射できるなどの特徴があります。
 日本人の2人に1人はがんにかかる時代を迎えた今、治療の選択肢の幅を広げる「重粒子線治療」について理解を深めてみませんか?
 当日は群馬大学の重粒子線がん治療装置や治療実績、治療の流れや治療法などを分かりやすく紹介します。
 ぜひ、ご来場ください。

日時

 平成30年6月17日(日)13時30分~15時30分(受付:13時00分開始)

場所

 群馬会館ホール(前橋市大手町2-1-1)

  • 群馬会館には駐車場がありませんので、県庁駐車場をご利用ください。(参加者は無料)
  • 県庁駐車場は混雑が予想されるため、時間に余裕を持ってお越しください。

参加費

 無料

定員

 400名(先着)

内容

講演1 「重粒子線治療について~これまでと今後の展望~」

 群馬大学 重粒子線医学研究センター長
 群馬大学 大学院医学系研究科腫瘍放射線学講座
 中野 隆史 教授

講演2 「がん治療最前線~ぐんまの重粒子線がん治療~」

 群馬大学 重粒子線医学センター 副センター長
 大野 達也 教授

主催

 群馬県、群馬大学

申込期限

 平成30年6月14日(木)

申込方法

 下記申込先にFAXまたはEメールで、申込代表者のお名前・電話番号・参加希望人数をおしらせください。
 なお、席に余裕がある場合には、当日、直接会場にお越しいただいても参加できます。

 ※FAXの場合は別添「ぐんまの重粒子線がん治療チラシ」(PDFファイル)を印刷し、申込書にご記入のうえ送信してください。
 ※Eメールの場合は件名に「重粒子講演会」と入力し、必要事項をご連絡ください。
 ※申込受付は先着順です。定員に達して、ご参加いただけない場合には、ご連絡いたします。
 ※そのほか、自然災害等により中止する場合は、申込み代表者の電話番号にご連絡します。
 ※ご提供いただいた個人情報につきましては、本講演会の実施のみに使用します。

申込先

 群馬県庁医務課 「重粒子講演会」申込窓口あて
 FAX:027-223-0531
 E-mail:imuka@pref.gunma.lg.jp

重粒子講演会チラシ画像

重粒子線がん治療とは?

放射線の中でもより重い「重粒子線」と呼ばれるものを用いた先進的ながん治療法の一つ。4月から前立腺がんや頭頸部腫瘍の一部などへも医療保険の適用が広がり、より治療を受けやすい環境づくりが進んでいる。この治療が受けられる施設は現在、全国で5箇所。群馬県には平成22年に県と群馬大学が共同で整備した重粒子線がん治療施設があり、これまでに2,600人を超える治療実績がある。

群馬大学 重粒子線医学センターの写真
群馬大学 重粒子線医学センター

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部医務課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2535
FAX 027-223-0531
E-mail imuka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。