本文へ
表示モードの切替
印刷

シルバー人材等の介護職員初任者研修受講促進事業の実施について

シルバー人材等の介護職員初任者研修受講促進補助金

県では、介護人材の参入を図ることを目的に標記補助金事業を実施します。
標記補助金は、介護事業所等へ就労を希望する原則として申請年度末日時点で50歳以上の方を対象に、介護職員初任者研修(注1)を受講した場合の受講料について10万円を上限に県が補助します。

(注1)介護保険法施行令(平成10年政令402号)第3条第1項第2号に掲げる群馬県知事が指定した研修で、介護保険法施行規則(平成11年厚生省令第36号)第22条の23に規定する介護職員初任者研修課程

介護職員初任者研修について、詳しくはこちら(初任者研修実施事業者等一覧)をご覧ください。

補助金の申請を検討している方は、必ず研修を申し込む前に御相談ください。
補助金の概要については、こちらのシルバー人材等の介護職員初任者研修受講促進事業の案内(PDF:23KB)をご覧ください。

補助要件

補助対象者

1~8全てを満たすことが必要です(一つでも満たさない場合は対象にはなりません。)

  1. 群馬県内に在住し、申請年度末日時点で50歳以上であること。
  2. ハローワーク、シニア就業支援センター又は福祉人材センター(注1)のいずれかに求職申込みをしていること。
  3. 初任者研修受講前に、群馬県に介護職員初任者研修受講計画書(別紙様式第1号)(注3)を提出し、(提出時点で介護事業所(注2)に就労していないこと)知事から承認を得ていること。(受講する介護職員初任者研修は、群馬県知事の指定を受けた研修であれば、いずれの研修を受講しても差し支えありません。)
  4. 初任者研修受講後、介護事業所等に就労し、介護職員として従事する意思があること。
  5. 申請年度末日までに介護職員初任者研修を修了し、群馬県内の介護事業所等に就労していること(就労形態は問いません。)。
  6. 補助対象経費について、重複して他の法律又は制度において助成金等の交付を受けていないこと(注4)。
  7. 県税の滞納がないこと。
  8. 暴力団及び暴力団員に該当しない、又は、それらの者と関係がないこと。
  • (注1)福祉人材センターとは、群馬県福祉マンパワーセンター、高崎市福祉人材バンク、太田市福祉人材バンクのことをいいます。
  • (注2)介護事業所等とは、介護保険法に基づく指定介護サービス事業所のことをいいます。
  • (注3)介護職員初任者研修受講計画書は、介護職員初任者研修の申込み前に提出してください。研修申込をした後に受講計画書を提出された場合は対象外です。
  • (注4)求職者支援訓練制度や群馬県委託訓練などの公共職業訓練に基づく介護職員初任者研修の受講は補助対象外です。また、教育訓練給付制度等の助成金を申請予定の方は対象外です。

補助対象経費

介護職員初任者研修の受講に係る受講料(指定のテキスト代を含む。)
ただし、研修の補講に係る費用や手数料等は対象外。

補助金額

対象経費のうち、実際に要した費用のうち1,000円未満の額を切り捨てた額
(上限額10万円)

申請様式

受講計画書(研修申込み前に提出)

記載例

別紙様式第1号(受講計画書:記載例)(PDF:15KB)

交付申請書(研修申込み後、受講開始前に提出)

記載例

別紙様式第2号(交付申請書:記載例)(PDF:22KB)

交付申請取下書(補助金申請を取り下げる場合に提出)

記載例

別紙様式第3号(交付申請取下書:記載例)(PDF:8KB)

実績報告書(研修受講後、介護事業所等に就労し一ヶ月以内に提出)

記載例

別紙様式第4号(実績報告書:記載例)(PDF:10KB)
別紙様式第5号(就労証明書:記載例)(PDF:10KB)
口座振替申込書(記載例)(PDF:10KB)

実施要領

交付要綱はこちらです。

問い合わせ及び提出先

〒371-8570
群馬県前橋市大手町1-1-1
群馬県建康福祉部介護高齢課介護人材確保対策室人材確保係
電話:027-226-2564

御不明な点、御相談等お気軽にお問い合わせください。

介護人材の確保・育成トップページへ戻る

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部介護高齢課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2564
FAX 027-221-8925
E-mail kaigokou@pref.gunma.lg.jp