本文へ
表示モードの切替
印刷

介護支援専門員の研修

 介護支援専門員として業務を行うためには、介護保険法の規定により、有効な介護支援専門員証の交付を受けていなければなりません。
 介護支援専門員証の有効期間は、5年です。
 介護支援専門員証の更新を受けるためには、有効期間内に更新に必要な研修を修了して更新申請をする必要があります。
 平成28年度からは、地域包括ケアシステムの中で、医療職をはじめとする多職種と連携・協働しながら、利用者の尊厳を旨として自立支援に資するケアマネジメントを実践できる専門職を養成する観点から、主任介護支援専門員更新研修が創設されるとともに、各研修の科目や時間数が見直されました。
 研修の目的、受講対象者、研修科目、時間数等は以下のPDFファイル「介護支援専門員の研修一覧」を、介護支援専門員証の更新までの流れ等は以下のPDFファイル「(1~3)介護支援専門員の資格及び研修の体系図…」を参照し、必要な研修を適切な時期に受講してください。

1 介護支援専門員研修の日程等

 各研修は、指定研修実施機関として指定している群馬県社会福祉協議会が実施します。
 受講要件、研修日程、費用、申込み等の詳細については、群馬県社会福祉協議会ホームページで確認してください。
 なお、個人及び事業所あて郵送していた研修案内通知は平成28年度で終了いたしました。

平成30年度更新研修受講対象者

 介護支援専門員証の有効期間満了日が平成32年3月31日以前の者

指定研修実施機関(問い合わせ先)

 群馬県社会福祉協議会福祉人材課
 371-0843
 前橋市新前橋町13-12(群馬県社会福祉総合センター6階)
 電話:027-255-6035
 (ページ最後にホームページ外部リンクあり)

2 主任介護支援専門員修了証明書の有効期間

 平成28年度から、主任介護支援専門員研修修了証明書の有効期間が設定されました。期間は5年間です。
 ただし、平成26年度までに主任介護支援専門員研修を修了された方は、有効期間の経過措置が設けられています。主任介護支援専門員資格の継続を希望される場合は、次の期間内に主任介護支援専門員更新研修を受講してください。

  • 平成23年度までに修了した方の有効期間は平成31年3月31日までです。
     → 主任更新研修は、平成28・29・30年度に受講できます。
  • 平成24~26年度に修了した方の有効期間は平成32年3月31日までです。
     → 主任更新研修は、平成29・30・31年度に受講できます。

平成27年度に修了した方

 主任介護支援専門員研修修了証明書には、有効期間の記載がありませんが、有効期間は修了年月日から5年間です。

注意事項

 主任介護支援専門員更新研修を修了する前に介護支援専門員証の有効期間が満了する方は、「専門研修課程2」を修了して、介護支援専門員証の更新手続きをしておく必要があります。
お手元にある介護支援専門員証の有効期間満了日をよく確認してください。

3 介護支援専門員実務研修の実習受入事業所の登録について

 平成28年度から、実務研修に、居宅介護支援事業所で行う実習が導入されました。
 また、この実習導入にあわせて、居宅介護支援事業所の特定事業所加算の算定要件に、「この実習への協力」が加わりました。
 実習を受け入れようとする居宅介護支援事業所は、事前に(特定事業所加算算定届の提出前に)県の登録を受けることが必要です。

1  実務研修の実習内容

 利用者への居宅訪問を行い、アセスメントの実施、居宅サービス計画の作成、サービス担当者会議の準備・同席、モニタリングの実施、給付管理業務の方法など一連のケアマネジメントプロセスの実習を行います。

2  登録申請にあたっての留意事項

  1. 実習受入れは、特定事業所加算の算定要件です。(受入れ費用は特定事業所加算に含まれます。)
    平成29年9月から、特定事業所加算を取得しない事業所においても、主任介護支援専門員が常勤専従で配置されている場合、実習受入事業所の登録申請ができます。(受入れ費用の補助等はありません。)
  2. 実習時期は、毎年1月~4月頃の予定です(計3日程度。連続の必要なし)。
  3. 受け入れる実習生の人数は、1事業所あたり2~5人程度を想定しています。研修実施機関が依頼した人数を受け入れる必要があります。
  4. 実習指導者は、主任介護支援専門員です。実習指導者は、実習開始前に研修実施機関が行う実習指導者向け研修を受講する必要があります。
  5. 実習受入れにあたり、不適切な対応があった場合は登録を取り消すことがあります。
  6. 実習受入れにあたっては、事前に実習に係る利用者・関係者の同意を得るとともに,利用者の安全確保や知り得た秘密の厳守について万全を期すよう実習生に周知徹底してください。
  7. 登録を継続している事業所は、毎年10月1日時点の主任介護支援専門員の人数等の状況を、10月15日までに研修実施機関に報告する必要があります。(予定)
  8. 登録に係る詳細は、「群馬県介護支援専門員実務研修実習受入事業所登録要綱」を参照してください。

3  登録申請の方法等について

  1. 所定の様式(群馬県介護支援専門員実務研修実習受入事業所登録申請書(様式第1号))を、特定事業所加算算定届を提出する前に、県介護高齢課へ提出してください(郵送又は持参)。
  2. 提出された申請書を審査の上、登録をし、登録決定通知を送付するので、その写しを付けて管轄保健福祉事務所又は前橋市・高崎市へ特定事業所加算算定届を提出してください。

4  実習受入事業所が行うべきことの詳細資料について

 実習受入事業所が行うべきこと等の詳細事項は、「平成28年度介護支援専門員実務研修実習受入事業所説明会資料」を参考にしてください。

5  実習受入事業所登録に関する問い合わせ先

 群馬県健康福祉部介護高齢課介護保険係 電話027-226-2562

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部介護高齢課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2562
FAX 027-223-6725
E-mail kaigokou@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。