本文へ
表示モードの切替
印刷

群馬県がん対策推進条例

 がんは、群馬県民の死亡原因の第1位であり、県民の健康及び生命にとって重大な問題となっています。 本県では、すべての県民が、がんに関する理解と関心を深め、互いに支え合いながら、県民が一体となってがん対策を進めていくことを目的として、平成22年12月に議員提案により「群馬県がん対策推進条例」が制定されました。

特徴

  • 条例の立案に当たった議員の思いを込めた前文を設けています。
  • 条例の実施状況について、3年ごとに検討し、必要な見直しをすることを定めています。

改正の概要

 <平成26年4月1日施行>

  • がん教育の充実が求められることから、県と連携して取り組む先に「教育機関」を追加しました(第6条)。
  • 充実が求められている「小児がん対策」を追加しました(第7条)。

 <平成29年4月1日施行>

  • 「全国がん登録」の法制化に伴い、「地域がん登録」を「全国がん登録」に変更しました(第11条)。
  • がん患者等への「就労支援」の必要性が高まっていることから、新たに条文を設けました(第14条)。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部保健予防課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2614
FAX 027-223-7950
E-mail hokenyobo@pref.gunma.lg.jp