肝臓週間について

7月28日は、「世界肝炎デー」・「日本肝炎デー」です!

7月28日は、WHOが定める"World Hepatitis Day"(世界肝炎デー)です。
世界保健機関(WHO)は、2010年に世界的レベルでのウイルス性肝炎のまん延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消や感染予防の推進を図ることを目的として、7月28日を“World Hepatitis Day”(世界肝炎デー)と定め、肝炎に関する啓発活動等の実施を提唱しました。

平成24年度から、厚生労働省は世界肝炎デーに合わせ、毎年7月28日を「日本肝炎デー」と制定しました。

平成28年度の「肝臓週間」は、7月25日~7月31日です!

7月28日を含む月曜日から日曜日までを「肝臓週間」といい、広く皆様に肝疾患に関する正しい知識を身につけ、また、感染予防の重要性を知っていただくため、普及啓発を行っております。肝炎ウイルス検査は、県内各保健福祉事務所等で実施しています。

あなたは、肝炎ウイルス検査を受けたことがありますか?

はい ・ いいえ ・ わからない

「いいえ」、「わからない」を選んだ方は、是非この機会に肝炎ウイルス検査を受けましょう!

ウイルス性肝炎とは

 ウイルス性肝炎とは、肝炎ウイルスに感染して肝臓の細胞が壊れていく病気です。この病気になると、徐々に肝臓の機能が失われていき、ついには肝硬変や肝がんに至ることもあります。 B型及びC型肝炎ウイルスの患者・感染者は、合わせて300万人を超していると推定され、国内最大級の感染症とも言われています。

肝臓のニックネームは“沈黙の臓器”

 肝炎になっても、肝臓はなかなかSOSを出しません。「体がだるい」と気付くころには、重症化していることもあります。でも大丈夫。肝炎ウイルスは、検査で分かります!肝炎ウイルスに感染していても、適切な健康管理・治療で、肝炎から肝硬変や肝がんに悪化するのを予防することが可能です。
 ※肝炎のほとんどは、肝炎ウイルスによって起こる「ウイルス性肝炎」です。

ウイルス性肝炎Q&A

質問1 検査を受けるには?

【どんな検査?】

肝炎ウイルスに感染しているかどうかは、血液検査で判断します。採血は短時間で済み、また検査結果は数週間でお知らせできます。
 ※感染後は3か月ほどたたないと、陽性にならないこともあります。

【どこで受けられるの?】

 検査を受診する機会としては、以下のようなものがあります。

  • お住まいの市町村での検診
    (地域にお住まいの満40歳の方、又は満41歳以上で過去に検査を受けたことのない方が対象。)
  • お住まいの管轄の保健福祉事務所又は保健所での肝炎ウイルス検査
    (過去に肝炎ウイルス検査を受けたことがない方が対象。原則として、市町村での検診の対象者を除きますが、市町村での検診を結果的に受けられなかった方や再検査が必要な場合等、保健所長が認める場合は、検査を受けることができます。)
  • 群馬県から委託を受けた医療機関での検査
    (過去に検査を受けたことのない、県内にお住まいで(前橋市、高崎市を除く。)、肝炎ウイルス検査を希望する方)

保健福祉事務所等一覧

肝炎ウイルス検査について(検査可能な医療機関はこちらでご確認ください)

※ 実施日程や費用、検査内容等はそれぞれの実施主体によって異なりますので、別途お問い合わせください。

質問2 感染が分かったら?

 肝炎ウイルスに感染していることがわかったら、まずは、専門医に相談してみましょう。肝臓の状態は人によって様々です。

肝疾患診療連携拠点病院・県内の専門医療機関(外部リンク)

 ※肝炎患者の方が、良質かつ適切な医療を受けられるようにするため、群馬県では肝疾患診療連携拠点病院(群馬大学医学部附属病院)を中心に専門医療機関、更には地域のかかりつけ医と連携し肝疾患診療体制の整備を行っております。

 陽性と判明した後に行う精密検査の費用を助成する制度があります。

初回精密検査費用の助成等について

【主な治療方法】

  • インターフェロンフリー治療は、ウイルス蛋白を直接標的として開発された抗ウイルス薬による治療で、C型肝炎に非常に効果的です。約8~9割の人が治療効果を期待できます。
  • 核酸アナログ製剤治療は、B型肝炎ウイルスのDNA合成を阻害する作用がある薬剤による治療で、ウイルスの増殖抑制の効果があります。
    ※治療効果は、遺伝子型、ウイルス量などによって異なります。
  • インターフェロン治療は、免疫系・炎症の調節等に作用して効果を発揮する薬剤を用いる治療で、ウイルス性肝炎を根治することができるものです。B型肝炎の場合は約3割、C型肝炎の場合は約5~9割の人が治療効果を期待できます。

質問3 医療費助成制度とは?

 国と県では、肝炎の有力な治療法に係る医療費について、あなたの負担額を軽減する助成を行っています。助成の対象となるのは、B型肝炎のインターフェロン治療又は核酸アナログ製剤治療及びC型肝炎のインターフェロン治療又はインターフェロンフリー治療です。

 あなたの世帯の所得に応じて、月当たりの医療費を軽減します。

インターフェロン治療・インターフェロンフリー治療・核酸アナログ製剤治療に係る医療費の助成について

外部リンク

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部保健予防課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2609
FAX 027-223-7950
hokenyobo@pref.gunma.lg.jp