トップページ > 健康・福祉 > 医療・保健 > 健康づくり対策 > 生活習慣病 > 特定健診・特定保健指導を受けましょう

特定健診・特定保健指導を受けましょう

 生活習慣病予防のために特定健診を受けましょう!

特定健診とは

特定健診は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した健康診査で、生活習慣病の予防や早期発見のためにとても大切な健診です。

メタボリックシンドロームとは、内臓に脂肪が蓄積する「内臓脂肪型肥満」(※注1)に加えて、高血糖、高血圧、脂質異常のうちいずれか2つ以上が当てはまる状態です。

※注1 内臓脂肪型肥満
 腹囲:男性85cm以上、女性90cm以上
             又は
   腹囲:男性85cm未満、女性90cm未満かつBMI25以上
 
   BMI(※注2)=体重(kg)÷身長(メートル)÷身長(メートル) 
    
 ※注2 身長からみた体重の割合を示す体格指数

これまでの健診は、糖尿病、高血圧など個々の病気を発見し治療することを目的としたものでしたが、特定健診は内臓脂肪の蓄積に着目し、生活習慣病の予防又は早期発見をはかることを目的としています。

生活習慣病は、食生活や運動習慣などの生活習慣の改善により予防できる病気であり、特定健診により生活習慣病の予兆であるメタボリックシンドロームを発見することは、とても重要です。
 

特定健診の対象となる方は

40歳から74歳までのすべての方が対象です。(※注3)

特定健診は、皆さんが加入する医療保険者(国民健康保険、健康保険組合、全国健康保険協会、共済組合等)により、実施されています。

対象となる方には、加入している医療保険者から、受診券や受診案内等が届きますので、内容、会場及び受診方法等をご確認いただき、年に1度は必ず特定健診を受診しましょう。

※注3 被用者保険のご本人などが事業主健診等を受診される場合は、事業主健診項目に特定健診項目が含まれていますので、医療保険者が事業主健診の結果を事業主や受診者等から受領することにより、再度特定健診を受ける必要はありません。

特定健診の健診項目は

基本的な健診項目は以下のとおりです。メタボぐんまちゃん

  • 質問票(服薬歴、喫煙歴等)
  • 身体計測(身長、体重、BMI、腹囲)
  • 血圧測定
  • 身体診察
  • 検尿(尿糖、尿蛋白)
  • 血液検査
      ・脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
      ・血糖検査(空腹時血糖又はHbA1c)
      ・肝機能検査(GOT、GPT、γ-GTP

また、一定の基準により医師が必要と認めた場合には、次の詳細な項目についても実施します。

  • 心電図
  • 眼底検査
  • 貧血検査(赤血球、血色素量、ヘマトクリット値)

健診の結果、生活習慣病の発症リスクが高いと判断された方に対しては、医師、保健師、管理栄養士などの専門家により、生活習慣を改善するための特定保健指導が行われます。

特定保健指導とは

特定保健指導は、特定健診の結果から、食生活の改善や運動の実施など生活習慣を改善することにより生活習慣病を予防することが期待できる方に対して、生活習慣を見直すサポートを行うものです。

特定保健指導は、リスクの程度に応じて、「動機づけ支援」と「積極的支援」が行われます。

1 特定健診受診

  基本的な健診(問診、基本的な検査)+詳細な健診(医師が必要と判断した場合)

      ↓

 2 健診結果通知(情報提供)

  メタボリックシンドロームのリスクについて判定結果を通知
 

  • 生活習慣改善の必要性が低い方には情報提供のみ
  • 生活習慣改善の必要性が中程度の方〔メタボ予備群〕は動機づけ支援の対象
  • 生活習慣改善の必要性が高い方〔メタボ該当者〕は積極的支援の対象
  • 要医療者は医療機関での受診を勧奨

     ↓ 

3 特定保健指導

リスクの程度に応じて、動機づけ支援又は積極的支援を実施

動機づけ支援

  •  医師、保健師又は管理栄養士により、食事、運動等、生活習慣の改善に必要な事項についての指導が行われます。〔面接による支援。原則1回〕
  •  また、6ヶ月後に、健康状態や生活習慣が改善されているかの確認が行われます。

 積極的支援

  •  医師、保健師又は管理栄養士により、生活習慣の改善に関して3ヶ月以上の継続的な指導が行われます。〔初回面接及び3ヶ月以上の継続的な支援〕
  •  また、6ヶ月後に、健康状態や生活習慣が改善されているかの確認が行われます。

特定健診は特定保健指導に繋げるための大事な健診です。

年に一度は必ず特定健診を受診しましょう。そして、もし、メタボリックシンドロームと判定され特定保健指導の対象となった場合には、積極的に活用し、生活習慣病を予防・撃退してしまいましょう。

特定健診・特定保健指導は生活習慣を見直す絶好の機会です。上手に利用して、健康の維持増進、QOLの一層の向上を目指しましょう。


群馬県では、特定健診受診率向上を図るため、受診勧奨用ポスターを作成しましたので、ご利用下さい。

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
以下の「Get ADOBE READER」のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードして下さい。

Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部保健予防課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2602
FAX 027-223-7950
hokenyobo@pref.gunma.lg.jp