トップページ > 健康・福祉 > 医療・保健 > (群馬県のがん対策) > 地域がん登録とは

地域がん登録とは

 このページでは、群馬県の取り組んでいるがん対策や、群馬県でがんにかかった人のデータ等について紹介しています。

群馬県がん対策推進条例 | 群馬県がん対策推進協議会 | 群馬県がん対策推進計画(平成25年3月) |  重粒子線治療について | 群馬県がん検診受診率向上企業連携事業 | 群馬県のがんに関するデータ | 地域がん登録 | 地域がん登録から知る群馬県のがん | 予後情報の提供について | 院内がん登録 | 執筆者紹介

地域がん登録とは

 都道府県単位で、がん患者さんの医療情報を収集し登録する制度を地域がん登録といいます。がん対策を実施する際に、毎年どのくらいの人ががんで亡くなっているか(死亡数)、毎年どのくらいの数のがんが新たに診断されているか(罹患数(りかんすう))、がんと診断された人がその後どのくらいの割合で生存しているか(生存率)といったがんの実態を把握するための重要な制度です。

 詳細については、国立がん研究センターのがん情報サービスがん登録の仕組み:[がん情報サービス](外部リンク)に正確で平易に記載されていますので、こちらをご覧ください。

群馬県地域がん登録について

1 経緯

 1994年(平成6年)に開設した群馬県がん登録は、当初は医療機関からの届出が順調に増加し登録精度が向上していたのですが、個人情報保護の法制化が検討されだしたころから届出が減少し、個人情報保護法が制定された2003年(平成15年)には登録精度が最低になってしまいました。しかし、2004年(平成16年)に群馬大学病院と県が中心になってがん登録の精度を向上させる組織を作り、がん登録を強力に推進した結果、登録精度が再び向上してきたという経緯があります。

がん登録の経緯のグラフ


この背景には、「健康増進法」や「がん対策基本法」の法的整備や、厚生労働省の「第3次対がん総合戦略」によるがん登録の精度向上のための施策、がん医療の均てん化政策として「がん診療拠点病院」の整備とそれによる院内がん登録の普及があります。

<語句説明>

DCO:がん登録において、死亡情報のみで登録された患者さんのことをいい、Death Certificate Only (DCO)の略。DCOが低いほど、計測された罹患数の信頼性が高いと評価されます。国際的な水準では、DCOは10%以下であることが求められます。

2 現状

 平成22年12月に成立した「群馬県がん対策推進条例」の第11条には、地域がん登録の精度向上のために、県は地域がん登録の予後調査を実施し、その情報を届出医療機関に還元することが明記されました。また、地域がん登録から得られた知見を公表する方針も記されています。平成23年度からはこの条例にのっとって、県は様々な施策を実施しています。

 また、この条例に基づいて、医療機関、医療関係団体、がん患者会、事業者の代表者、県民から公募した委員等により構成される「群馬県がん対策推進協議会」が設置されました。がん登録の運営についてもこの協議会の中で検討されることになりました。

 がん登録の精度向上に加えて、がん登録に蓄積された情報を県や市町村のがん対策や、疫学研究に利用するなどの有効な活用方法についても検討しています。

3 群馬県がん登録の精度

 群馬県がん登録の登録精度を振り返ると、関連する法律や施策によって良くも悪くも大いに影響を受けてきました。これは、がん罹患の把握と患者さんのプライバシーとの関係に大変に難しい問題をはらんでいるためです。

 がん登録を進めていくには、混乱を防ぐためにより明確な法的根拠が必要です。それによって安定した高い登録精度(注)が得られることになり、がん登録はがん対策の良き羅針盤として、国や県が実施する対がん政策の企画や評価を担うことになるでしょう。

(注) 医療機関からの報告漏れや報告間違いが多いと、地域がん登録で集計された罹患数は、真の罹患数を少なく見積もるだけでなく、真実からかけ離れたがんの部位分布や年次推移を示す危険が高くなります。登録精度が低い場合は、罹患数の解釈に注意を払う必要があります。

執筆者紹介

茂木 文孝(もきふみたか)先生

画像:茂木文孝先生

茂木文孝先生


このページについてのお問い合わせ

健康福祉部保健予防課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2614
FAX 027-223-7950
hokenyobo@pref.gunma.lg.jp