本文へ
表示モードの切替
印刷

在宅難病患者一時入院事業

1 制度の概要

 在宅で療養されている難病患者の方がご自宅で長期に療養するためには、医療的なケアとともに、介護者である
 ご家族などの休息(レスパイト)が必要です。
 介護する方の休息が可能となるよう、レスパイト入院を促進するための受入体制を整備します。

2 利用できる方(以下のすべてを満たす方)

  1. 群馬県に住所を有する方
  2. 特定医療(指定難病)医療給付及び特定疾患治療研究事業の受給者
  3. 在宅で人工呼吸器を使用している方
  4. 介護者の休息等の目的で一時入院が必要な方

3 入院期間・回数

 入院期間は原則14日以内(同一年度)です。その範囲内であれば入院回数に制限はありません。

4 入院についての注意点

  1. 入院の趣旨が介護者の休息(レスパイト)であることから、特別な治療等は行いません。(基本的には医療費は発生しませんが、雑費、移送費など保険外の費用は、患者さんの負担となります。)なお、一時入院中に治療が必要となった場合は、入院医療に切り替わることがあります。
  2. 受入医療機関は、群馬県と契約した医療機関です。
  3. 受入医療機関との日程調整が必要です。申込み多数の場合や受入医療機関の状況により、ご希望に添えないことがあります。
  4. 通常の入院と同様、受入先の医療機関の医療や看護体制でのケアが受けられます。
     ご家族のケアと異なりますので、ご自宅と同じように療養いただくことは難しいことがあります。

5 相談先

 事業のご利用には申請が必要です。
 入院希望日の3週間前までに、県庁保健予防課に申請書を提出ください。
 詳しくは保健福祉事務所(保健所)または群馬県神経難病医療ネットワーク、県庁保健予防課までお問い合わせください。

  • 保健福祉事務所(保健所)
  • 群馬県神経難病医療ネットワーク (群馬大学医学部附属病院内) 電話 027-220-8536
  • 県庁保健予防課難病対策係 電話 027-226-2612

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部保健予防課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2611
FAX 027-223-7950
E-mail hokenyobo@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。