脳脊髄液減少症について

 体への強い衝撃によって、脳や脊髄をおおう髄液が漏れることにより、頭痛やめまい、吐き気、全身倦怠など様々な障害を引き起こす「脳脊髄液減少症」は、現在国において、診断・治療方法の基準の確立を目指して研究が進められています。

 県では、脳脊髄液減少症の研究がさらにすすみ、治療法が確立されることが重要と認識し、平成19年度から厚生労働省に下記の要望を行っており、診断・治療方法の基準が確立されるまで継続して要望を行っていく予定です。

  1. 脳脊髄液減少症等について、さらに研究を進めるとともに、その治療法を早期に確立するようつとめること
  2. 脳脊髄液減少症等の治療法確立後、その治療法に対して医療保険を適応すること

 「脳脊髄液減少症」は、症状が多彩であり個別性が高いことから、群馬県では個別の相談とさせていただいております。相談は、医療機関の情報提供を含め群馬県難病相談支援センターでお受けしています。

お問い合わせ先:群馬県難病相談支援センター 電話 027-220-8069
 群馬県難病相談支援センター(外部リンク)

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部保健予防課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2611
FAX 027-223-7950
hokenyobo@pref.gunma.lg.jp