本文へ
表示モードの切替
印刷

「和食の日」推進フォーラムを開催します【11月26日締切】

家庭や地域において継承されてきた特色ある伝統料理・郷土料理などの食文化が失われつつあります。
和食が日本人の伝統的な食文化として、ユネスコの無形文化遺産に登録されたことを踏まえ、「和食」に関する関心と理解を深め、伝統料理・郷土料理などの食文化を次世代に伝えていくため、11月24日「いい日本食(和食)」の日にちなみ、「和食の日」推進フォーラムを開催します。

主催

群馬県

協力

明和学園短期大学、群馬県食生活改善推進員連絡協議会、群馬県若い世代食育推進協議会

特別協賛

ヤマキ株式会社

協賛

ぐんま食育応援企業

  • ヤマキ株式会社群馬事業所
  • 群馬県第一食糧株式会社
  • キッコーマン食品株式会社関東支社
  • 雪国アグリ株式会社
  • 株式会社あかぎチキン
  • 大塚製薬株式会社大宮支社高崎出張所

平成29年11月9日現在

日時

平成29年11月26日(日) 12時~16時

場所

明和学園短期大学 (前橋市昭和町3-7-27)

内容

第1部 食文化の体験 12時00分~14時00分

  • 群馬県の郷土料理おっきりこみの試食 先着200名様
     ※整理券は受付で11時から配布します 。
  • 「だし屋 ヤマキ」
     鰹節、昆布、にぼしなど数種類の出汁の飲み比べができます。
     参加者全員に商品サンプルをプレゼントします。 先着500名様
     協力:ヤマキ株式会社
  • 季節の郷土料理ゲーム
  • ぐんまの郷土料理「おっきりこみ」クイズ
  • 郷土料理パネル展示(県内各市町村の郷土料理)

第2部 シンポジウム 14時00分~15時50分

  • 基調講演 14時00分~14時45分
     演題 : 「群馬県の食文化とおっきりこみ」
     講師 : 明和学園短期大学 客員教授 木部 克彦 氏
  • シンポジウム 15時00分~15時50分
    テーマ  : 『 和食の基本「出汁」を学ぶ』
    コーディネーター:明和学園短期大学  教授  神保 京子 氏
    シンポジスト:ヤマキ株式会社群馬事業所    角田 仁美 氏
     磯部ガーデン 調理長・専門調理師   永井 英男 氏
     (群馬調理師専門学校   講師)
     社会福祉法人行幸田福祉会 行幸田保育園 管理栄養士 倉沢 直美 氏
     助言者:明和学園短期大学 客員教授 木部 克彦 氏

「和食の日」スタンプラリー抽選会 15時50分開始

第2部シンポジウム+第1部のいずれか1つのコーナーに参加すると抽選で「和食」関連景品が当る抽選会を実施!
スタンプラリーの台紙は受付で配布します。 

協力(景品提供):ぐんま食育応援企業

参加者全員に食事に使える「ぐんまちゃんと学ぶ和食育の敷物」をプレゼント!

申込方法

参加費は無料です。メール、またはFAXでお申し込みください。

FAX  :申込用紙に必要事項をご記入の上お送りください。(FAX 027-223-7950)
メール:氏名、住所、電話番号、参加希望(第1部・第2部)をメールに記載の上、お送りください。(E-mail:shokuiku@pref.gunma.lg.jp)

定員に達し、参加いただけない場合のみご連絡いたします。
いただいた個人情報は、本フォーラムの運営のみに使用します。

「和食の日」推進フォーラムチラシ画像
「和食の日」推進フォーラムチラシ

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部保健予防課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2427
FAX 027-223-7950
E-mail hokenyobo@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。