本文へ
表示モードの切替
印刷

平成29年度第2回同行援護従業者養成研修(一般課程)を開催します

 視覚障害により、移動に著しい困難を有する方の外出時に同行し、移動に必要な情報を提供するとともに、移動の援護その他便宜を供与する技術を有する同行援護従業者の養成を図ることを目的として本研修を開催します。

研修日程及び研修会場等

<研修日>

  • 第2回:平成29年9月27日、29日、10月5日、6日(実4日間)
  • ※平成29年度中、2回開催(各回40名)。
  • ※第1回の申込については、7月に実施済み。

<研修会場>

群馬県社会福祉総合センター(前橋市新前橋町13-12)

受講対象者

指定同行援護事業所(今後指定を受けようとしている事業所を含む)において、同事業の業務に従事している又は、従事予定である従業者

  • ※すべての研修日程に参加可能な方に限ります。
  • ※県において実施した視覚障害者移動支援従業者養成研修修了者は、同行援護従業者養成研修(一般課程)修了者とみなしますので、今回案内の研修を改めて受講する必要はありません。

同行援護従業者及び同行援護サービス提供責任者の従事要件について

  • (1)本研修は、同行援護従業者及び同行援護サービス提供責任者の従事要件とされており、サービス提供責任者は別途、「応用課程」も受講する必要があります。「応用課程」は12月上旬に実施を予定しています。
  • (2)現在は経過措置が講じられており、研修を修了された方でなくても居宅介護の従業者の要件を満たす場合は、同行援護従業者及び同行援護サービス提供責任者に従事することは可能です。経過措置については平成30年3月31日まで延長されることとなりましたが、延長については今回限りとされておりますのでご留意いただくとともに、視覚障害者等に対して適切な同行援護を提供するため、本来の資格要件となっているサービス提供責任者はもとより従業者においても、同行援護従業者養成研修を積極的に受講していただくようお願いします。

当日の持ち物・テキスト

<当日の持ち物>

  • アイマスク(タオルなどでの代用不可)
    研修生が同行援護事業の利用者である視覚障害者をとりまく状況を体験する趣旨からアイマスク着用による体験実習が予定されています。

<テキスト>

  • 同行援護従業者養成研修テキスト (中央法規)
    購入を希望する方は、受講申込書に記入してください。
    ※研修では第3版(最新)を使用します。

申込期限及び申込方法

下記、受講申込書に必要事項を記載の上、郵送又はFAXで送付してください。

平成29年9月1日(金)【必着】

※9月19日(火)を目処に受講の可否を通知します。

実施要領・受講申込書

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部障害政策課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2638
FAX 027-224-4776
E-mail shougai@pref.gunma.lg.jp