トップページ > 健康・福祉 > くすり > 医薬品等による健康被害 > 健康食品等 > (健康食品の検査結果) > 医薬品成分を含有する健康食品の発見について(平成23年度)

医薬品成分を含有する健康食品の発見について(平成23年度)

 本県では、いわゆる健康食品による健康被害の発生を未然に防ぐため、試買検査を実施しています。
 平成23年度は、インターネット及び県内店舗(アダルトショップ等)で49製品を買い上げ、県食品安全検査センターで検査したところ、1製品から医薬品成分(ヒドロキシホモシルデナフィル)が検出されました。

1 医薬品成分を検出した製品の概要

商品名:刀覇(Toha)

 原産国 :台湾
 検出成分:ヒドロキシホモシルデナフィル

2 違反の事実

 ヒドロキシホモシルデナフィルを含有し経口で摂取するものは、薬事法第2条第1項に規定する医薬品に該当し、製造販売承認を受けていない当該品を販売することは、無承認無許可医薬品の販売・授与等を禁止した同法第55条第2項の規定に違反します(無承認無許可医薬品の販売・授与等)。

3 安全性について

 刀覇(Toha)(クラス 1)

 現在のところ、上記による健康被害の報告はありませんが、副作用として、血管拡張、頭痛、動悸等の健康被害が発生するおそれが、否定できません。
 特に、高血圧及び狭心症の薬であるニトログリセリン、亜硝酸剤アミル、硝酸イソソルビド等服用している方は、併用により降圧作用が増強し、血圧が下がり過ぎることがあります。
 当該製品を使用されている方は、直ちに使用を中止してください。また、健康被害が疑われる場合には、医療機関や最寄りの保健福祉事務所(保健所)まで御相談ください。

 ※クラス分類は、群馬県が提供する食品安全情報のより一層の理解促進を図るため、県が独自に定めたもので、食品の安全性について専門家の意見を踏まえて分類したものです。

クラス1 :当該情報に係る食品等の摂取又は使用等が、重篤な健康被害又は死亡の原因となり得る場合
クラス2 :当該情報に係る食品等の摂取又は使用等が、一時的な健康被害若しくは医学的に治癒可能な健康被害の原因となる可能性があるか、又は重篤な健康被害のおそれはまず考えられない場合
クラス3 :当該情報に係る食品等の摂取又は使用等が、健康被害の原因となるとはまず考えられない場合

4 参考

 医薬品成分を検出した製品の外観

刀覇表の写真

パッケージ表面

刀覇裏の写真

パッケージ裏面


5.検出された医薬品成分について

・ヒドロキシホモシルデナフィル
 国内外で医薬品としては承認されておりませんが、シルデナフィルと同様の作用を示すことが実験的に確認されており、健康被害が発生するおそれを否定できません。

 (参考)シルデナフィル
 国内ではシルデナフィルのクエン酸塩が医薬品(販売名:バイアグラ錠)として承認されています。承認されているシルデナフィルクエン酸塩の適応と主な副作用は、次のとおりです。

 適応:勃起不全
 副作用:血管拡張、頭痛、動悸等

 添付文書上の警告:高血圧及び狭心症の薬である硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸剤アミル、硝酸イソソルビド等)との併用により降圧作用が増強し、 過度に血圧を下げることがあるのでご注意下さい。

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部 薬務課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-897-2668
FAX 027-223-7872
yakumuka@pref.gunma.lg.jp