トップページ > 健康・福祉 > 感染症・予防接種 > (感染症情報) > ジカウイルス感染症(ジカ熱) Zika Virus Infection

ジカウイルス感染症(ジカ熱) Zika Virus Infection

 中南米を中心に、ジカウイルス感染症(ジカ熱)が流行しています。

 ジカウイルス感染症(ジカ熱)は、デング熱及びチクングニア熱と同様、蚊を媒介して感染します。
 海外の流行地へ出かける際は、できるだけ肌を露出せず、虫よけ剤を使用するなど、蚊に刺されないよう注意してください。

 また、妊婦のジカウイルス感染が母子感染による小頭症等の先天異常の原因になることが明らかになりました。
 このため、妊婦の方は流行地への渡航を控えてください。
 やむを得ず渡航する場合は、主治医と相談の上で、厳密な防蚊対策を講じることが必要です。

予防啓発ツール

 県では、デング熱やジカウイルス感染症(ジカ熱)などの蚊媒介感染症(蚊からうつる感染症)対策の一環として、蚊媒介感染症予防啓発ポスター及びリーフレットを作成しました。
 ダウンロードしてご利用ください。

蚊媒介感染症予防啓発ポスターの画像

ポスター

蚊媒介感染症予防啓発リーフレットの画像

リーフレット


蚊の発生状況調査(定点モニタリング)結果について

 群馬県衛生環境研究所では、6月から前橋市内に基準定点を設定して蚊の発生の状況を把握するために調査を行っています。
 調査結果については、こちらをご覧ください。

関連情報 Related links

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
以下の「Get ADOBE READER」のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードして下さい。

Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

衛生環境研究所
〒371-0052 前橋市上沖町378
電話 027-232-4881
FAX 027-234-8438
eikanken@pref.gunma.lg.jp