トップページ > 子育て・教育・文化・スポーツ > 学校・入試 > 学校 > 私立学校等 > 平成28年度 群馬県私立高等学校等奨学のための給付金制度について

平成28年度 群馬県私立高等学校等奨学のための給付金制度について

1.概要および目的

 子どもが私立高等学校等に通う保護者に対し、給付金を給付することにより経済的負担の軽減を図り、教育の機会均等に寄与することを目的とします。

2.給付対象者

 平成28年7月1日現在で、以下の要件を全て満たす世帯が支給対象となります。

  1. 生活保護(生業扶助)受給世帯、または、平成28年度市町村民税の所得割額が非課税の世帯
  2. 保護者(親権者)が群馬県内に在住する世帯
  3. 就学支援金の支給対象である私立高等学校等に生徒が在籍しており、休学中でないこと
  4. 生徒が平成26年4月1日以降に高等学校等に入学した者であること(1~3年生)

 ただし、以下の場合に該当する場合は支給対象外となります。

  • 特別支援学校の高等部に在学している者
  • 児童福祉法による児童入所施設措置費(見学旅行費又は特別育成費(母子生活支援施設の高校生等を除く))を受給している高校生等
  • 保護者等が海外に在住している等の理由により、保護者等全員分の課税証明書が確認出来ない場合

3.給付額

 該当する区分に応じて、生徒1人につき以下の額(年額)を給付します。

給付額一覧
対象高校生等 世帯の区分 給付金額(円)
1通信制の高等学校等に通う私立高校生等 (1)生活保護(生業扶助)世帯 52,600
(2)市町村民税所得割非課税世帯 38,100
2通信制以外の高等学校等に通う私立高校生等 (1)生活保護(生業扶助)世帯    52,600
(2)市町村民税所得割非課税世帯 (ア)23歳未満の扶養されている兄姉がいる場合 138,000
(イ)23歳以上の扶養されている高校生等の兄姉がいる場合 138,000
(ウ)通信制の高等学校等に通う扶養されている弟妹がいる場合 138,000
(エ)高校生等以外に15歳(中学生を除く)以上23歳未満の扶養されている弟妹がいる場合 138,000
(オ)上記(ア)~(エ)以外 67,200

4.申請方法

(1)群馬県内の私立高等学校等に生徒が在籍する場合

 申請書類等を在籍している高等学校等に提出

(2)群馬県外の私立高等学校等に生徒が在籍する場合

 申請書類等を群馬県総務部学事法制課あてに、郵送等の方法により直接提出

【送付先】

 〒371-8570
 群馬県前橋市大手町一丁目1番1号
 群馬県総務部学事法制課私学振興係
 (あて先の余白に、「奨学給付金申請書類在中」と明記してください。)

5.提出書類

 世帯の区分に応じて、以下記載の書類を提出してください。

提出書類一覧
対象高校生等 世帯の区分 提出書類
1 通信制の高等学校等に通う私立高校生等 (1)生活保護(生業扶助)世帯
  • 給付金受給申請書(通信制学校用)
  • 生活保護受給証明書(福祉事務所長の朱印があるもの)
  • 申請者名義の口座通帳の写し
(2)市町村民税所得割非課税世帯
  • 給付金受給申請書(通信制学校用)
  • 保護者等(全員分)の所得課税証明書(非課税証明書)
  • 保護者等(全員分)と生徒本人の表示がある住民票(続柄表示必要)
  • 申請者名義の口座通帳の写し
2 通信制以外の高等学校等に通う私立高校生等 (1)生活保護(生業扶助)世帯
  • 給付金受給申請書(通信制以外の学校用)
  • 生活保護受給証明書(福祉事務所長の朱印があるもの)
  • 申請者名義の口座通帳の写し
(2)市町村民税所得割非
課税世帯
(ア) 23歳未満の扶養されている兄姉がいる場合
  • 給付金受給申請書(通信制以外の学校用)
  • 保護者等(全員分)の所得課税証明書(非課税証明書)
  • 保護者等(全員分)と生徒本人及び23歳未満の扶養されている兄姉の表示がある住民票(続柄表示必要)
  • 生徒本人及び申請者に扶養されている23歳未満の兄姉の健康保険証の写し
  • 申請者名義の口座通帳の写し
(イ) 23歳以上の扶養されている高校生等の兄姉がいる場合
  • 給付金受給申請書(通信制以外の学校用)
  • 保護者等(全員分)の所得課税証明書(非課税証明書)
  • 保護者等(全員分)と生徒本人及び23歳以上の扶養されている高校生等の兄姉の表示がある住民票(続柄表示必要)
  • 生徒本人及び申請者に扶養されている23歳以上の高校生等の兄姉の健康保険証の写し
  • 高等学校等に通う23歳以上の兄姉の在学証明書(コピー可)
  • 申請者名義の口座通帳の写し
(ウ)通信制の高等学校等に通う扶養している弟妹がいる場合
  • 給付金受給申請書(通信制以外の学校用)
  • 保護者等(全員分)の所得課税証明書(非課税証明書)
  • 保護者等(全員分)と生徒本人及び通信制の高等学校等に通う弟妹の表示がある住民票(続柄表示必要)
  • 生徒本人及び申請者に扶養されている通信制の高等学校等に通う弟妹の健康保険証の写し
  • 通信制の高等学校等に通う弟妹の在学証明書(コピー可)
  • 申請者名義の口座通帳の写し
(エ)高校生等以外に15歳(中学生を除く)以上23歳未満の扶養されている弟妹がいる場合
  • 給付金受給申請書(通信制以外の学校用)
  • 保護者等(全員分)の所得課税証明書(非課税証明書)
  • 保護者等(全員分)と生徒本人及び15歳以上23歳未満の高校生等以外の扶養している弟妹の表示がある住民票(続柄表示必要)
  • 生徒本人及び15歳以上23歳未満の高校生等以外の扶養している弟妹の健康保険証の写し
  • 15歳以上23歳未満の高校生等以外の扶養している弟妹がこの給付金の支給対象者でないことが確認できる書類(特別支援学校高等部・予備校などに通っている場合は、在学証明書。無職などにより証明書の発行が困難な場合には、誓約書)
  • 申請者名義の口座通帳の写し
(オ)上記(ア)~(エ)以外
  • 給付金受給申請書(通信制以外の学校用)
  • 保護者等(全員分)の所得課税証明書(非課税証明書)
  • 保護者等(全員分)と生徒本人の表示がある住民票(続柄表示必要)
  • 申請者名義の口座通帳の写し
  • ※申請書には生徒の在籍状況に関する学校の証明が必要です。
  • ※「生活保護受給資格証明書」及び「保護者等と生徒本人の表示がある住民票」は、7月1日以降に取得したものが必要です。
  • ※「申請者名義の銀行口座通帳」の写しは、表紙の裏頁見開きなど、金融機関本支店名、口座番号、口座名義人が表示されたものを添付してください。
  • ※対象となる高校生等が複数人いる場合には、それぞれの対象者ごとに申請書を提出してください。
  • ※上記2(2)(ア)~(エ)のうち複数に該当する場合は、給付金額は同一ですので、いずれかで申請してください。

6.提出期日

 7月1日から8月1日まで。
 (群馬県内の高等学校等に在籍する場合は、別途学校長が指定する期日まで。)

7.ダウンロード

 「通信制の高等学校等在学者」と「全日制等の高等学校等在学者(通信制以外)」では、申請書の様式が異なりますのでご注意ください。

8.その他

 奨学のための給付金制度の申請先は、生徒の保護者が在住している都道府県であり、都道府県により要件・申請方法が異なります。生徒が群馬県内の私立高等学校等に在学している場合でも、保護者等が群馬県以外の都道府県に在住している場合は、保護者等が在住している県にて申請を行うことになります。
 各都道府県の問い合わせ先は、文部科学省のホームページにてご確認ください。

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
以下の「Get ADOBE READER」のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードして下さい。

Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

総務部学事法制課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2142
FAX 027-223-2436
gakuhouka@pref.gunma.lg.jp