本文へ
表示モードの切替
印刷

「平成30年度 少子化対策に関する県民意識調査」を実施します

 群馬県では、結婚、出産・子育て、仕事と子育ての両立など、少子化対策に関する県民意識調査を実施します。
 調査票がお手元に届いた方は、調査への御協力をお願いいたします。

1.調査の目的

  • 次世代育成支援対策推進法に基づく県行動計画の次期計画策定の基礎資料とするため、家族形成支援、子育て支援、両立支援(ワーク・ライフ・バランスの推進)に関して、県民の意識やニーズを総合的に把握する。
  • 「ぐんま子育て・若者サポートヴィジョン2016」について、施策評価に必要なデータを把握する。

2.調査の概要

(1)調査名称

 平成30年度 少子化対策に関する県民意識調査

(2)調査方法等

調査方法等
区分 調査対象 調査期間 調査方法 調査項目
結婚・家族形成に関する調査(独身者調査) 県内在住の20代から30代の男女(独身者)
(調査実施事業者の登録モニターを対象に配信)
平成30年12月中旬 WEBアンケート
  • 結婚について
  • 子育てについて
  • 妊娠・出産について
夫婦全般に関する調査(夫婦調査) 県内在住の20代から40代の女性(既婚者)
(調査実施事業者の登録モニターを対象に配信)
平成30年12月中旬 WEBアンケート
  • 結婚について
  • 子どもについて
  • 妊娠・出産について
  • 仕事と子育てについて
地域での子育てに関する調査(保護者調査) 県内の子育て支援施設(※注1)を利用する子どもの保護者
(無作為に抽出した施設を利用する方)
※注1:幼稚園、保育所、児童館、子育て支援センターなど
平成31年1月 郵送
  • 子育てについて
  • 地域との関わりについて
  • 子どもの数について
  • 仕事と子育てについて
仕事と生活の調和に関する調査(企業調査、従業員調査) 県内企業(無作為に抽出した事業所)
上記企業の子育て中の従業員の方
平成31年1月 郵送
  • 両立支援制度の認知度
  • 育児休業制度について
  • 働きやすい職場環境整備について
  • 女性活躍推進について

3.調査結果の活用・公表

 調査結果は、整理・分析し、県の計画策定の基礎資料とするほか、施策評価や施策・事業等の企画立案に活用します。
 なお、調査結果については、平成31年6月頃に県のホームページで公表する予定です。

4.調査実施事業者

  • 平成30年度 少子化対策に関する県民意識調査業務受託事業者
     株式会社サーベイリサーチセンター
     (東京都荒川区西日暮里二丁目40-10)

5.お問い合わせ先

 県庁こども政策課少子化対策係
 電話 027-226-2392
 FAX 027-226-2100
 E-mail kodomo-mirai@pref.gunma.lg.jp

このページについてのお問い合わせ

こども未来部こども政策課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-897-2725
FAX 027-226-2100
E-mail kodomoka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。