本文へ
表示モードの切替
印刷

ぐんま子ども・子育て未来プランについて

 「ぐんま子ども・子育て未来プラン(群馬県子ども・子育て支援事業支援計画)」は、市町村が教育・保育の提供体制を確保するための事業計画(市町村子ども・子育て支援事業計画)の推進を支援する計画です。
 計画期間の中間年にあたる平成29年度、市町村が実施した子ども・子育て支援事業計画の事業量等の見直しの結果を踏まえ、平成30年3月に県計画の事業量等を変更しました。

1 計画策定の趣旨

 「子ども・子育て支援新制度」が平成27年度から実施されるにあたり、教育・保育及び地域子ども・子育て支援事業の提供体制の確保の内容等を盛り込んだ計画を策定しました。

2 計画の位置づけ

 教育・保育の提供体制の確保や内容、整備の実施時期を定める個別実行計画であり、子ども・子育て支援に関係する計画との調和を図るものです。

3 計画の期間

 計画の期間は、平成27年度から平成31年度までの5年間です。

4 計画の基本的考え方

基本理念

「地域社会全体で子育て応援」

 子ども・子育て支援は、「子どもの最善の利益」が実現される社会を目指すことを基本とし、障害、疾病、虐待、貧困など社会的な支援の必要性が高い子どもやその家族を含め、全ての子どもや子育て家庭を対象とし、一人ひとりの子どもの健やかな育ちを保障することを目指します。
 そのために、地域社会全体で子ども・子育て支援の重要性に対する関心や理解を深めながら、子育てを応援していく必要があります。
 県の役割としては、各市町村で策定する地域の実情を反映した子ども・子育て支援事業計画の実施を支援するため、重点とすべき3つの基本方針を掲げ、県計画を推進していきます。

基本方針と基本施策

(1)質の高い教育・保育の提供

 子どもへの質の高い教育・保育サービスの安定的な提供を通じて子どもの健やかな育ちを保障します。

  1. 教育・保育施設の整備
  2. 働く人材の確保及び資質の向上
  3. 認定こども園の普及

(2)県内各地域の特性に応じた子ども・子育て支援策の充実

 それぞれの家庭の実情に応じた、妊娠・出産から切れ目のない子育て支援策の充実を図り、子育ての安心感、充足感を保障します。

  1. 地域における子育て支援の充実
  2. 子育て家庭支援の充実
  3. 仕事と子育ての両立のための支援の充実

(3)全ての子どもの健やかな育ちを実現

 地域や社会が保護者に寄り添い、子育てに対する不安、孤立感を和らげ、親として成長するための支援を行うことで、子どもの健やかな育ちを保障します。

  1. 障害のある子どもへの対応と親の支援の充実
  2. ひとり親家庭の自立支援の充実
  3. 児童虐待防止体制の整備
  4. 社会的養護体制の整備

5 計画の改訂(平成30年3月)について

計画の改訂理由

 市町村は計画期間の中間年に事業量等について再点検し、当初の見込みと大幅な乖離がある場合には、計画の見直しを行うこととされています。県計画においても、見直し後の市町村計画との整合性を図るとともに、働く人材の確保及び資質の向上について見直しを行い、市町村計画の推進を支援します。

審議経過

  • 平成29年10月 市町村子ども・子育て支援事業計画の事業量(概数)調査
  •  11月 平成29年度第1回群馬県子ども・子育て会議(計画改訂の方向性の確認)
  • 平成30年2月 市町村子ども・子育て支援事業計画の変更事業量の把握
  •  3月 平成29年度第3回群馬県子ども・子育て会議(計画見直しの検討)
  •  3月 群馬県子ども・子育て未来プランの改訂

主な見直し内容

(1)需要に応じた教育・保育サービスの提供体制の確保

 35市町村のうち、13市町村の見直し後の数値を反映し、平成30~31年度の数値を修正しました。

(2)働く人材の確保及び資質の向上

ア 保育教諭・保育士・幼稚園教諭の従事者数

市町村における「需要に応じた教育・保育サービスの提供体制」の見直し状況を踏まえ、保育所等の職員配置の実態に基づき、平成30、31年度の数値を修正しました。

<変更の内容>

  •  市町村計画の見直しによる利用希望児童数の見込みの変更に対応し、保育士等の必要な従事者数を見直しました。
  • 現計画時に見込んでいなかった国制度による施設型給付費等による加配職員人数を必要数に盛り込みました。
  • 保育士等の人材確保、資質向上のための取組拡充により、人材供給体制の確保を図ることとしました。
イ 人材の確保に係る主な取組方針

 現計画策定後において、新たに実施している県の取組を追加しました。
 また、人材確保のための事業を充実しながら、処遇改善や保育の質の向上を目的とした研修を継続するほか、新たに教育・保育等のキャリアアップ研修を実施します。

(3)県内の各地域の特性に応じた子ども・子育て支援策の充実

 35市町村のうち、19市町村の見直し後の数値を反映し、平成30~31年度の数値を修正しました。
 また、市町村の計画の見直し状況を踏まえ、地域子ども・子育て支援事業の15項目のうち12項目について、県計画の事業量を見直しました。

計画書(平成30年3月改訂版)のダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

こども未来部子育て・青少年課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2622
FAX 027-226-2100
E-mail kosodateka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。