上毛かるた

上毛かるた:画像


上毛かるたの誕生

『上毛かるた』が誕生したのは、昭和22年12月のことです。
このころは、日本が敗戦という悲しい運命に終わった翌々年で、国中が荒れ果て、食べるものも着るものも十分でなく、人びとの心は悲しみや無力感であふれていました。
後に財団法人群馬文化協会の初代理事長となる浦野匡彦氏は、「このように暗く、すさんだ世の中で育つ子どもたちに何か与えたい。明るく楽しく、そして希望のもてるものはないか。」と考えていました。この想いが形となり『上毛かるた』が誕生しました。

読札は公募により集められた題材から、18人の編纂委員がまとめました。
絵札は小見辰男氏が描いたもので、昭和43年に本人の要望により全札が描きかえられました。
読札裏の解説は、丸山清康氏によるもので、以降、定期的に新しい情報に書きかえられています。

発行から半世紀以上が経ち、『上毛かるた』は、群馬県の文化として位置づけられてきています。

著作権の譲渡

財団法人群馬文化協会は、初代理事長の想いを引継ぎ、今日まで『上毛かるた』の発行を続けてきましたが、平成25年11月28日をもって解散しました。
解散に先立ち、平成25年10月28日に合意書が締結され、『上毛かるた』の著作権及び商標権は群馬県に無償で譲渡されました。

書店等での購入

群馬県内はもちろん、全国の書店で購入できます。
県内では、一部の量販店、土産物店、雑貨店などでも販売しています。
店頭にない時は、各店舗の窓口などにご確認ください。

また次の県機関及び県関係機関でも販売しています。

 書籍名 上毛かるた
 販売価格 本体762円+税

 ISBN978-4-903297-19-4

このページについてのお問い合わせ

生活文化スポーツ部 文化振興課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2593
FAX 027-221-0300
bunshinka@pref.gunma.lg.jp