本文へ
表示モードの切替
印刷

平成29年度「東国文化自由研究」の募集について

 古墳時代、群馬県は1万基以上の古墳が作られた古墳大国(こふんたいこく)であり、東日本をリードする先進的な地域でした。県内各地の古墳から出土した埴輪(はにわ)や金工品(きんこうひん)などにも、貴重なものがたくさんあります。『東国文化』を調べると、自分の身近な地域に今まで気づかなかった「すごい群馬」の歴史があることがわかります。
 ぜひ、図書館などにある「東国文化副読本」等の本を見たり、近くの古墳や博物館、資料館に行ったりして、調べてみてください!

【東国文化 古墳時代を中心として現在の関東地方周辺で栄えた文化】

1 主催

群馬県 群馬県教育委員会

2 応募資格

県内の小学生及び中学生

3 応募規定

(1)テーマ

群馬県の「東国文化」に関することであれば、自由です。身近にある古墳や埴輪など、興味や疑問をもったことをテーマにしてください。

(2)規格、分量

A4レポート用紙10枚以内または模造紙1枚(タテ長使用、横書き)

※模造紙に直接書いても、文章や写真等を貼り付けても結構です。
※工作物などを添えても結構です。

(3)応募票

下のPDFファイルをダウンロードして応募票を切り取り、作品にのり付けしてください。

4 提出日

各学校で決められた日に、学校へ提出してください。

5 発表

入賞者は、学校を通して連絡します。

6 表彰

最優秀賞1点(群馬県知事賞)、特別賞2点(県議会議長賞、教育長賞)、優秀賞5点、奨励賞12点
※応募者全員に参加賞を差し上げます。

7 表彰式、展示(予定)

  • 奨励賞以上の入賞作品(20点)は11月19日(日)に開催する「古代東国文化サミット」や県庁2階県民ギャラリー等で展示します。
  • 最優秀賞と特別賞の3名は、「古代東国文化サミット」で表彰式を行います。優秀賞と奨励賞の17名は、「古代東国文化サミット」以降に賞状等をお渡しします。
  • 入賞作品及び氏名、学校名を報道発表し、県ホームページに掲載します。また、それらを広報等に使用することがあります。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

生活文化スポーツ部文化振興課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2525
FAX 027-221-0300
E-mail bunshinka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。