本文へ
表示モードの切替
印刷

子どもの救急ってどんなとき?~熱が出た時

熱が出た時の画像

観察のポイント

  • 子どもは、お昼寝からさめた時や、夕方に外から帰ってきたときなどに熱を出すことが多いものです。ほとんどの熱は様子をみていて大丈夫です。熱が出たからといってあわてずに、お子さんのからだ全体の様子をよく見て下さい。
  • 38度以上の場合は注意が必要です。
  • 入浴・哺乳・食事の直後や泣いたり、運動したりした後は体温が高めですので、静かにしている時に、朝、昼、夕、寝る前など1日3~4回測りましょう。

しばらく様子を見て大丈夫(通常の診療時間内に受診しましょう)

  • 遊ぼうとする
  • 水分や食事がとれている
  • あやせば笑う
  • 顔色が悪くない
  • 発熱以外の重い症状がない
  • 熱があっても夜は眠れる
  • それほど機嫌は悪くない

早めに救急外来を受診した方がいい時

  • 生後3ヶ月未満の赤ちゃんに38度以上の熱がある
  • 水分を受け付けない、おしっこが半日以上でない等の脱水症状がある
  • 嘔吐や下痢をくりかえし、ぐったりしている
  • はじめてけいれんを起こした
  • 顔色が悪く、あやしても笑わない
  • 眠ってばかりいる(呼びかけてもすぐに眠ってしまう)
  • 遊ぼうとしないで、ごろごろしている
  • 激しく泣き、あやしても泣きやまないでぐずっている
  • 夜も眠らず機嫌が悪い
  • 呼吸の様子がおかしい(不規則、胸がぺこぺこくぼむ、鼻の穴がヒクヒクする)

ワンポイントアドバイス

家庭で対処すること

  • 体温はグラフにしてみましょう!体温表(PDF:454KB)
  • 体温と全身状態を観察を行って下さい。
  • 熱の状態と熱以外の症状をよく見ましょう。(吐いていないか、飲みは良いか・食欲があるか、息苦しさはないか、呼びかけるときちんと反応するか、機嫌はどうか、よく眠れるか等)
  • 水分補給はしっかりと行ってください。(湯ざまし、麦茶、イオン飲料など)
  • 嘔吐(おうと)を伴った場合は、「嘔吐(おうと)をした時」もご覧下さい。
  • 汗が多く出る時は、ぬるま湯で絞ったタオルで体を拭いてあげて下さい。熱いところは氷枕、アイスノンなどで冷やし、冷たいところは布団を1枚多くするなどして保温しましょう。

注意すること

  • 母乳やミルク、食事は欲しがれば与えますが無理に与えなくても大丈夫です。食事は、消化のよいおかゆやうどんなどの炭水化物を与えましょう。
  • 高熱の時に、強い解熱剤(熱さまし)を使って無理に熱を下げるのは好ましくありません。

子どもの救急ってどんなとき?へ戻る

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部医務課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2534
FAX 027-223-0531
E-mail imuka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。