本文へ
表示モードの切替
印刷

子どもの救急ってどんなとき?~誤飲・誤食をした時

誤飲・誤食をした時の画像

観察のポイント

  • 子どもの事故で多い、誤飲・誤食による中毒は、ハイハイや、つたい歩きができるようになり、行動範囲がグンと広がると、ちょっとした油断で起きてしまいます。
    ものによっては、少量でも生命に危険がありますので、子どもの周りに危険なものを置かないようにしましょう。
  • まず、何を飲んだかという情報が大切です。
    受診の時に、飲んだ物と同じ物、または、医薬品、洗浄剤、消臭剤、殺虫剤などの場合は、その成分が分かるような説明書や箱、ビンなどを必ず持参して下さい。

様子を見て大丈夫(通常の診療時間内に受診しましょう)

  • タバコを少しだけかじった
  • プラスチック、紙、ビニール、クレヨン、鉛筆の芯をかじった、インク、絵の具をなめた

早めに救急外来を受診した方がいい時

  • 飲み込んだとたんにせきがはじまった(気管や気管支に異物が入った可能性があります。)
  • 医薬品、洗浄剤、殺虫剤などを飲んだ
  • けいれんを起こしている
  • 意識がない
  • 顔色が悪い
  • 呼吸の状態がおかしい
  • 嘔吐が止まらない
  • ボタン電池を飲み込んだ、鼻に入れた
  • 硬貨を飲み込んでしまった

ワンポイントアドバイス

家庭で対処すること

  • 異物が口の中に見えるときは、人差し指をほおの内側に沿って差し入れ、詰まっているものをかきだす。あわててのどの奥に押し込まないよう注意しましょう。
  • 異物を飲み込んだ場合は、下の表を参考に速やかに応急処置をして下さい。

異物を飲み込んだとき医療機関を受診するまでに家庭で行う応急処置
  タバコ葉・吸い殻 タバコを浸した溶液 強酸又は強アルカリ
(洗浄剤、漂白剤等)
医薬品 石油製品
(灯油、マニキュア、除光液等)
芳香剤、消臭剤 防虫剤
(ナフタリン等)
香水・ヘアトニック ボタン電池
水を飲ませる 不可 不可 不可
牛乳を飲ませる 不可 不可 不可 不可
吐かせる 不可 不可 不可

  • 応急処置がわからない時は、公益財団法人日本中毒センター(中毒110番)に問い合わせて下さい。

公益財団法人 日本中毒情報センター

  • つくば中毒110番(365日9時~21時対応)
    029-852-9999(一般市民専用電話、情報提供料:無料)
  • 大阪中毒110番(365日24時間対応)
    072-727-2499(一般市民専用電話、情報提供料:無料)
  • タバコ専用電話(365日24時間対応)
    072-726-9922(テープによる情報提供、情報提供料:無料)

注意すること

  • 自宅で応急処置ができない時や、応急処置の方法がわからない時には、病院に電話連絡を入れてから、できるだけ速やかに受診しましょう。(医薬品を含む化学物質では、口に入れてから時間が経つほど処置の効果が出にくくなります。)

子どもの救急ってどんなとき?へ戻る

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部医務課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2534
FAX 027-223-0531
E-mail imuka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。