本文へ
表示モードの切替
印刷

よくある質問

1 教員採用試験

(問い合わせ先電話番号)小中学校:学校人事課 027-226-4593、高等学校・特別支援学校:学校人事課 027-226-4597

1-1 教員採用試験を受験したいのですが、提出書類はどこで配付していますか。

1-2 教員採用試験の過去問題は閲覧できますか。

1-3 教員採用試験では、身体障害者特別選考試験があると聞きましたが、どのような試験ですか。

1-4 養護教諭の教員採用試験で、所有している養護教諭の免許状が1種と2種では採用試験や働く上での違いがありますか。

1-5 私は日本国籍ではないのですが、教員として採用されますか。

2 教員免許

(問い合わせ先電話番号)学校人事課 027-226-4602

2-1 教員免許状を取得したいのですが、どうすればよいでしょうか。

2-2 教員免許状の出願をしたいのですが、申請書類の入手方法を教えてください。

2-3 教員免許状を紛失してしまいました。再交付をしてもらえるのでしょうか。

2-4 教員免許更新制とは、どんな制度か教えてください。

2-5 私は教員免許状を持っていますが教職に就いていません。教員免許更新制に関する手続きは必要でしょうか。

2-6 教員免許更新の申請をしたいのですが、手続きや申請書類の入手方法を教えてください。

3 県立学校入試

(問い合わせ先電話番号)高校教育課 027-226-4645

3-1 高校入試(県立学校の平成29年度入学者選抜)の日程を教えてください。

3-2 県立高校を受検する予定ですが、平成19年度県立学校入学者選抜から学区が全県一区になったと聞きました。何が変わったのでしょうか。

3-3 公立高校の入試情報を知りたいのですが。

3-4 近々、海外から帰国します。帰国子女が高校を受検するには、どのような試験になりますか。

3-5 身体に障害があるのですが、県内どの高校でも受検できるのでしょうか。

4 高等学校転入学・編入学

(問い合わせ先電話番号)高校教育課 027-226-4645

4-1 群馬県の高校に、他県の高校から転入学をすることができますか。

4-2 群馬県の高校に、海外から編入学をすることができますか。

4-3 かつて高校に在籍していて、一定の単位を修得した後で退学をした者ですが、もう一度高校で学びたい場合、編入学をすることができますか。

5 奨学金・授業料免除、学生寮(上毛学舎)

(問い合わせ先電話番号)管理課 027-226-4543

5-1 高校生の子どもがいますが、奨学金制度を利用したいと考えています。奨学金制度を利用するには、どのような条件がありますか。

5-2 中学3年生の子どもがいます。高校生奨学金の申込時期を教えてください。

5-3 この春、大学に進学します。大学生を対象とした奨学金制度はありますか。

5-4 東京に群馬県出身の大学生のための学生寮があると聞いたのですが。

6 いじめ問題

(問い合わせ先電話番号)24時間子供SOSダイヤル 0120-0-78310

6-1 いじめを受けているが、誰にも相談できません。

6-2 周りにいじめを受けている子がいるけれど、どうしたらよいかわかりません。

7 群馬県内の文化財・文化施設

(問い合わせ先電話番号)文化財保護課 027-226-4684

7-1 県内には、どんな文化財があるのか知りたいのですが。

7-2 親子で学べる施設を教えてください。

8 幼児教育・家庭教育・少年科学教育

8-1 子どものしつけがうまくいかず、一人で悩んでいます。

8-2 保育者として資質を向上させたいと思っています。どう研修したらよいでしょうか。

8-3 子どものことでうまくいかず、困っています。

8-4 子どもに科学の体験をさせてやりたいのですが。

9 特別支援教育

(問い合わせ先電話番号)特別支援教育課 027-226-4656

9-1 障害のある子どもの教育の場について知りたいのですが。

9-2 特別な教育的支援が必要な子どもへの指導に悩んでいます。

9-3 子どもの発達のことで悩んでいます。

10 高等学校中途退学者向け情報

(問い合わせ先電話番号)高校教育課 027-226-4647

10-1 定時制課程や通信制課程の高校で学ぶことができますか。

10-2 大学や専門学校へ進学できますか。

10-3 県内に専門的な技能・技術を身に付けられる学校がありますか。

10-4 仕事に就きたいのですが、どうしたらよいですか。

10-5 県内に生活面で相談できる機関がありますか。

11 その他

11-1 県内のイベント情報を教えてください。

11-2 生涯学習の講座情報を教えてください。

よくある質問と回答

1 教員採用試験

1-1 教員採用試験を受験したいのですが、提出書類はどこで配付していますか。

(問い合わせ先電話番号)小中学校:学校人事課 027-226-4593、高等学校・特別支援学校:学校人事課 027-226-4597

 教員採用試験の提出書類は、県内では学校人事課(群馬県庁23階)、県民センター(群馬県庁2階)、群馬県内の教育事務所、行政県税事務所で、県外では 群馬県東京事務所、ぐんま総合情報センター「ぐんまちゃん家」、ぐんま暮らし支援センター、群馬県大阪事務所、群馬県名古屋事務所で配付しています。また、郵送も可能です。詳しくは、「平成30年度採用群馬県公立学校教員募集要項」をご覧ください。

1-2 教員採用試験の過去問題は閲覧できますか。

(問い合わせ先電話番号)小中学校:学校人事課 027-226-4593、高等学校・特別支援学校:学校人事課 027-226-4597

 過去3年分の問題については、県民センター(群馬県庁2階)で閲覧することができます。また、総合教育センターのホームページ上(群馬県教育委員会【各課発行・提供資料】中の「学校人事課」)で公開しています。

1-3 教員採用試験では、身体障害者特別選考試験があると聞きましたが、どのような試験ですか。

(問い合わせ先電話番号)小中学校:学校人事課 027-226-4593、高等学校・特別支援学校:学校人事課 027-226-4597

 平成18年度の公立学校教員選考から、所定の出願資格を満たすとともに、身体障害者手帳の交付を受け、その程度が1級から6級までの人で、介護者なしで教員としての職務の遂行が可能な人を対象に「身体障害者特別選考試験」を実施しています。これは、身体に障害を持つ方に対し、できる限り配慮し、門戸を広げようとするものです。

 なお、本県の「身体障害者特別選考試験」は、選考する上で配慮するという形で実施しています。

1-4 養護教諭の教員採用試験で、所有している養護教諭の免許状が1種と2種では採用試験や働く上での違いがありますか。

(問い合わせ先電話番号)小中学校:学校人事課 027-226-4593、高等学校・特別支援学校:学校人事課 027-226-4597

 養護教諭免許の1種、2種を区別して採用していませんので、2種免許状所有者であっても不利ということはありません。

 なお、養護教諭2種免許状を所有し、教員に採用された方(教育職員)は、1種免許状を取得するよう努めなければなりません(教育職員免許法9条の5)。1種免許状は、通信教育や免許法認定講習等により取得可能です。

1-5 私は日本国籍ではないのですが、教員として採用されますか。

(問い合わせ先電話番号)小中学校:学校人事課 027-226-4593、高等学校・特別支援学校:学校人事課 027-226-4597

 教員採用試験に合格すれば、日本国籍をもたない方でも教員として採用されます。

 なお、日本国籍をもたない方が採用された場合は、任用の期限を付さない常勤講師となります。

2 教員免許

2-1 教員免許状を取得したいのですが、どうすればよいでしょうか。

(問い合わせ先電話番号)学校人事課 027-226-4602

 群馬県内に在住、在勤の方で教育職員免許状を取得したい方は、「教育職員免許状に関する手続き等について」で「1 教育職員免許状の取得方法」を紹介しています。取得したい教員免許に合った方法をご確認ください。

 なお、他の都道府県に在住、在勤の方については、当該都道府県の教育委員会にお問い合わせください。

2-2 教員免許状の出願をしたいのですが、申請書類の入手方法を教えてください。

(問い合わせ先電話番号)学校人事課 027-226-4602

 群馬県内に在住、在勤の方で教育職員免許状の出願をしたい方は、「申請方法」及び「申請書類」のページを参照してください。

 なお、他の都道府県に在住、在勤の方については、当該都道府県の教育委員会にお問い合わせください。

2-3 教員免許状を紛失してしまいました。再交付をしてもらえるのでしょうか。

(問い合わせ先電話番号)学校人事課 027-226-4602

 群馬県教育委員会が授与した教員免許状を紛失された場合、事由を勘案した上で再交付ができます。申請方法は、「教育職員免許状の書換・再交付」のページを参照してください。

 なお、他の都道府県教育委員会が授与した教員免許状は、当該都道府県の教育委員会にお問い合わせください。

2-4 教員免許更新制とは、どんな制度か教えてください。

(問い合わせ先電話番号)学校人事課 027-226-4602

 教員免許更新制の基本的なポイントと文部科学省が提供している情報を「教員免許更新制の概要」のページに掲載していますのでご覧ください。

2-5 私は教員免許状を持っていますが教職に就いていません。教員免許更新制に関する手続きは必要でしょうか。

(問い合わせ先電話番号)学校人事課 027-226-4602

 平成21年3月31日までに教員免許状を授与された方で、一度も教職に就いたことがない方、今後も教職に就く予定のない方は、免許状更新講習の受講や手続きをしていただかなくても、お持ちの教員免許状は失効しません。

2-6 教員免許更新の申請をしたいのですが、手続きや申請書類の入手方法を教えてください。

(問い合わせ先電話番号)学校人事課 027-226-4602

 群馬県内に在住、在勤の方で教員免許更新の申請をしたい方は、「教員免許更新制関係各種手続き」のページを参照してください。

3 県立学校入試

3-1 高校入試(県立学校の平成30年度入学者選抜)の日程を教えてください。

(問い合わせ先電話番号)高校教育課 027-226-4645

「平成30年度県立学校入学者選抜日程について」をご覧ください。

3-2 県立高校を受検する予定ですが、平成19年度県立学校入学者選抜から学区が全県一区になったと聞きました。何が変わったのでしょうか。

(問い合わせ先電話番号)高校教育課 027-226-4645

 平成19年度県立学校入学者選抜から、全県立高校の通学区域を一つとし(全県一区化)、県内のどこからでも希望する県立高等学校を志願することができるようになりました。極端な例ですが、沼田市の中学生が館林市の県立高校を受検することもできます。

3-3 公立高校の入試情報を知りたいのですが。

(問い合わせ先電話番号)高校教育課 027-226-4645

 公立高等学校入学者選抜に係る情報として、各選抜(前期選抜、後期選抜、再募集)について、各学校及び学科・コース等ごとの募集人員や志願状況を「入試情報」で公開しています。

 また、「平成29年度公立高等学校入学者選抜結果について」では、入試結果(各教科の平均点等)を公開しています。

3-4 近々、海外から帰国します。帰国子女が高校を受検するには、どのような試験になりますか。

(問い合わせ先電話番号)高校教育課 027-226-4645

 海外帰国者等については、全日制課程全ての県立高校で海外帰国者等入学者選抜を実施しています。

□ 応募資格
  • 海外での生活が2年以上で、帰国後2年未満の者
  • 中学校(日本人学校を含む)を卒業した者又は受検年3月に中学校卒業見込みの者

 詳しくは、群馬県公立高等学校入学者選抜実施要項をご覧ください。「平成30年度入学者選抜」に掲載されています。

□ 試験内容
  • (1) 前期選抜
     自己推薦型の選抜で、調査書と「国語」、「数学」及び「英語」の学力検査(又は総合問題)、面接、作文等の各学校が定めた検査で選抜します。
  • (2) 後期選抜
     学力検査は「国語」、「数学」及び「英語」とし、別室にて「社会」の時間には「作文」、「理科」の時間には「面接」(学校によっては英語で行うこともあります。)を実施します。  

 また、各高等学校の情報については、「県内の学校」(外部リンク)をご覧ください。それぞれの学校の教育課程、特別活動、部活動、進路等の概要が示されています。

3-5 身体に障害があるのですが、県内どの高校でも受検できるのでしょうか。

(問い合わせ先電話番号)高校教育課 027-226-4645

 公立高等学校については、中学校を卒業又は受検年度に卒業見込みであれば、受検資格はあります。また、受検に当たって条件等は特にありません。ただし、いくつかの高等学校では、スポーツや作業等の実技検査を課す場合もあります。

 入学者選抜において、各高等学校が定める検査や5教科の学力検査の結果と調査書等を総合的に判断し、それぞれの高等学校・学科等の教育を受けるに足る能力・適性等を判定し、選抜します。

 障害の部位や程度等に応じて様々なケースが考えられますので、検査内容や入学後の学習活動、学校生活等について十分検討してください。さらに、中学校の担任の先生に相談し、中学校と出願予定の高等学校との間で事前に連絡を取り合ってもらい、詳しい学習内容等について確認しておくことが重要です。

 なお、私立高等学校については、各学校の判断になりますので、志願する高等学校に直接お問い合わせください。各学校の連絡先は、群馬県私立中学高等学校協会(外部リンク)のホームページをご覧ください。

4 高等学校転入学・編入学

4-1 群馬県の高校に、他県の高校から転入学をすることができますか。

(問い合わせ先電話番号)高校教育課 027-226-4645

 県外から群馬県の高校への転入学については、保護者の転勤等による一家転住や家庭環境の変化等による場合に、同一課程・同一学科の高校への転入学を原則として認めています。

 転学については、高校間でのやり取りを基本としていますので、在籍する高校の校長から転入学を希望する高校の校長に連絡してもらい、事情等を説明してもらうことが必要となります。

 転入学を希望する事由が正当なものであると認められれば、転入学検査を受検後、校長が認めることによって転入学が可能になります。

 まずは、担任の先生に事情等含めてご相談ください。

 なお、ご不明な点があれば、群馬県教育委員会高校教育課教科指導係(電話 027-226-4645)にお問い合わせください。

4-2 群馬県の高校に、海外から編入学をすることができますか。

(問い合わせ先電話番号)高校教育課 027-226-4645

 海外から群馬県の高校への編入学については、一般的には、次の1から3に該当し、学校が実施する編入学検査を受検後、校長が認めることによって可能となります。

  1. 相当年齢に達していること
  2. 外国において学校教育における9年の課程を修了した者であること
  3. 保護者とともに県内に居住する者であること

 海外において、10年以上の課程を修了した者については、校長により当該学年に在学する者と同等以上の学力があると認められれば、第2学年以上に編入学することも可能です。

 まずは、保護者から編入学を希望する学校にお問い合わせください。

 なお、ご不明な点があれば、群馬県教育委員会高校教育課教科指導係(電話 027-226-4645)にお問い合わせください。

4-3 かつて高校に在籍していて、一定の単位を修得した後で退学をした者ですが、もう一度高校で学びたい場合、編入学をすることができますか。

(問い合わせ先電話番号)高校教育課 027-226-4645

 編入学については、一般的には、かつて高等学校に在学していて相当単位を修得していれば、学校が実施する編入学検査を受検後、校長が認めることによって可能となります。編入学は、原則として、第2学年以上の学年当初に行われます。

 まずは、編入学を希望する学校にお問い合わせください。

 なお、ご不明な点があれば、群馬県教育委員会高校教育課教科指導係(電話 027-226-4645)にお問い合わせください。

 ※退学後1年以内の場合は、同じ高校に再入学が認められることもあります。

5 奨学金・授業料免除、学生寮(上毛学舎)

5-1 高校生の子どもがいますが、奨学金制度を利用したいと考えています。奨学金制度を利用するには、どのような条件がありますか。

(問い合わせ先電話番号)管理課 027-226-4543

 群馬県では、高等学校、中等教育学校の後期課程及び高等専門学校の在学者で、勉学意欲がありながら経済的理由により修学が困難な人に奨学金を貸与しています。詳しくは「高校生等を対象とした修学支援制度について」をご覧ください。

5-2 中学3年生の子どもがいます。高校生奨学金の申込時期を教えてください。

(問い合わせ先電話番号)管理課 027-226-4543

 例えば、群馬県教育文化事業団高等学校等奨学金制度の利用を希望する場合は、(1)中学3年時の11月に在学中の中学校で申込みを受け付ける「予約採用制度」及び(2)高校入学後の5月中旬頃までに入学した高校で申込みを受け付ける「定期採用制度(第1次募集)」、(3)8月下旬から9月上旬までに在学中の高校で申込みを受け付ける「定期採用制度(第2次募集)」のいずれでも手続きが可能です。採用要件(審査基準)や採用枠はともに同じで、採用にあたり、いずれかが有利ということはありませんが、奨学金の初回貸与時期が(1)は5月、(2)は6月、(3)は10月となります。採用が中学で内定していることにより、安心して高校に進学できますので、できるだけ(1)の予約採用でお申し込みを済ませておくことをお勧めします。中学校の担任や進路指導担当の先生にご相談ください。
 その他制度については、「高校生等を対象とした修学支援制度について」をご覧ください。

5-3 この春、大学に進学します。大学生を対象にした奨学金制度はありますか。

(問い合わせ先電話番号)管理課 027-226-4543

 群馬県教育委員会には、高校生を対象にした奨学金制度はありますが、大学生を対象にした奨学金制度はありません。

 なお、独立行政法人日本学生支援機構(旧日本育英会)では、大学生のための奨学金制度を設けています。詳細は、独立行政法人日本学生支援機構(外部リンク)に問い合わせてください。

5-4 東京に群馬県出身の大学生のための学生寮があると聞いたのですが。

(問い合わせ先電話番号)管理課 027-226-4543

 東京周辺の大学、短期大学に通う、群馬県出身の大学生のための学生寮として、公益財団法人群馬県育英会が運営する学生寮「上毛学舎(外部リンク)」が東京都世田谷区経堂にあります。低額の寮費で大学生活を送ることができます。

 詳細は、学生寮「上毛学舎(外部リンク)」をご覧ください。

6 いじめ問題

6-1 いじめを受けているが、誰にも相談できません。

(問い合わせ先電話番号)24時間子供SOSダイヤル 0120-0-78310

 群馬県教育委員会では、総合教育センター(外部リンク)内のいじめに関する相談窓口24時間子供SOSダイヤル(外部リンク)で、相談を受け付けています。

 相談に当たっては、秘密を厳守します。また、匿名でも相談できます。電話、来所で相談を受け付けていますので、一人で悩まず、ぜひ、相談してください。(来所は要予約)

6-2 周りにいじめを受けている子がいるけれど、どうしたらよいかわかりません。

(問い合わせ先電話番号)24時間子供SOSダイヤル 0120-0-78310

 総合教育センター(外部リンク)内の24時間子供SOSダイヤル(外部リンク)は、いじめの被害者だけでなく、保護者、先生、友達など周囲の人たちからの相談も受け付けています。

 いじめの被害者にとって、周りの助けは大きな支えです。いじめ問題の早期解決のためにも、ぜひ、相談してください。

7 群馬県内の文化財・文化施設

7-1 県内には、どんな文化財があるのか知りたいのですが。

(問い合わせ先電話番号)文化財保護課 027-226-4684

 県内の文化財は、「群馬の文化財」で紹介しています。

 また、どこにあるかについては、マッピングぐんま「遺跡・文化財」(外部リンク)で調べることができます。ぜひ、ご覧ください。

7-2 親子で学べる施設を教えてください。

 このように、県内には様々な教育施設があります。ぜひ一度、お立ち寄りください。

 なお、県内の美術館や博物館については、博物館等施設のページをご覧ください。

8 幼児教育

8-1 子どものしつけがうまくいかず、一人で悩んでいます。

(問い合わせ先電話番号)よい子のダイヤル:027-224-4152、子ども教育・子育て相談:0270-26-9200

 群馬県教育委員会では、総合教育センター内に、「子ども教育相談室」(外部リンク)を開設し、子育てを応援しています。

 電話、来所で相談を受け付けていますので、一人で悩まず気軽に相談してください。匿名でも相談できます。(来所は要予約)

8-2 保育者として資質を向上させたいと思っています。どう研修したらよいでしょうか。

(問い合わせ先電話番号)幼児教育センター 0270-26-9203

 「幼児教育センター」(外部リンク)では、幼稚園等教諭や保育士のための研修会を開催しています。また教諭・保育士など関係者からの相談に応じています。

 さらに、保育アドバイザー派遣事業を利用し、保育所や幼稚園等を会場に出前研修を行うことができます。まずは、電話で申し込んでください。

 群馬県教育委員会では、本県の幼児教育の理念を示した「ぐんま幼児教育プラン」(外部リンク)や、その具体的方策を示した「就学前のぐんまの子どもはぐくみガイド2014」(外部リンク)をダウンロードして、園内研修等で活用できるようにしていますので、ご利用ください。 

8-3 子どものことでうまくいかず、困っています。

(問い合わせ先電話番号)よい子のダイヤル:027-224-4152、子ども教育・子育て相談:0270-26-9200

 群馬県教育委員会では、生涯学習センター内に、「よい子のダイヤル」(外部リンク)を開設し、乳幼児から青少年まで、しつけや交友関係、不登校などの家庭教育に関する電話相談を行っています。相談事例は、生涯学習センターホームページや、上毛新聞上(月1回掲載)で紹介しています。

 8-4 子どもに科学の体験をさせてやりたいのですが。

(問い合わせ先電話番号)生涯学習センター 027-224-5700

 群馬県教育委員会では、生涯学習センター内に、少年科学館(外部リンク)を備え、体験型・参加型の科学展示やプラネタリウムなどを整備していますので、お出かけください。
 また、土曜日の午前中に、県内各地の公民館などで「おもしろ科学教室」(外部リンク)を開催しています。

9 特別支援教育

9-1 障害のある子どもの教育の場について知りたいのですが。

(問い合わせ先電話番号)特別支援教育課 027-226-4656

 教育の場のことで、お悩みやご心配のある方は、まず、お住まいの市町村教育委員会の相談窓口に、電話又は直接窓口に行ってご相談ください。

 お住まいの地域の市町村教育委員会では、障害の内容に応じて、お子さまのことについて一緒に考え、学校の紹介等をしています。

9-2 特別な教育的支援が必要な子どもへの指導に悩んでいます。

(問い合わせ先電話番号)特別支援教育課 027-226-4656

 群馬県教育委員会では、各教育事務所の特別支援教育専門相談員や特別支援学校の専門アドバイザーが、保育所(園)・幼稚園・小学校・中学校・高等学校・中等教育学校をサポートする特別支援教育小中学校・高等学校等サポート事業を行っています。

 保育所(園)・幼稚園・小学校・中学校・高等学校・中等教育学校に在籍する特別な教育的支援を必要とする幼児児童生徒への指導について先生方の相談に応じています。

 通常学級・特別支援学級及び通級指導教室を問わず、相談に応じますので、各教育事務所及び特別支援学校の相談窓口にお問い合わせください。

9-3 子どもの発達のことで悩んでいます。

(問い合わせ先電話番号)総合教育センター「子ども教育相談室」 0270-26-9200

 総合教育センター「子ども教育相談室」(外部リンク)では、発達や障害等にかかわる相談を受け付けています。

 電話、来所で相談を受け付けていますので、一人で悩まず、ぜひ、相談してください。(来所は要予約)
 また、必要に応じて総合教育センターの職員による訪問相談を行います。

10 高等学校中途退学者向け情報

10-1 定時制課程や通信制課程の高校で学ぶことができますか。

(問い合わせ先電話番号)高校教育課 027-226-4647

 もちろんできます。学習内容や卒業時の資格は、全日制課程の高校と同じです。

 定時制は、働きながら学びたい方に適しています。夜間部定時制高校とフレックススクール(昼間部と夜間部の定時制を設置する高等学校)があります。フレックススクールでは、秋季入試(8月)も実施しています。 高等学校の単位をいくつか修得している方の編入学も可能です。詳細は、各学校に問い合わせください。

ア 夜間部定時制高校(12校)

 普通科:沼田高校(外部リンク)館林高校(外部リンク)藤岡中央高校(外部リンク)富岡高校(外部リンク)安中総合学園高校(外部リンク)

 工業科: 前橋工業高校(外部リンク)高崎工業高校(外部リンク)桐生工業高校(外部リンク)伊勢崎工業高校(外部リンク)渋川工業高校(外部リンク)

 商業科: 高崎商業高校(外部リンク)桐生市立商業高校(外部リンク)

イ フレックススクール(2校)

 普通科: 前橋清陵高校 (昼間部・夜間部)(外部リンク)太田フレックス高校(1部(午前)・2部(午後)・3部(夜間))(外部リンク)

 通信制は、自宅等で学習したい方に適しています。学習内容や卒業時の資格は、全日制と同じです。主に添削指導と面接指導によって学習します。

 前橋清陵高校(普通科、衛生看護科)(外部リンク) 高崎高校(普通科)(外部リンク) 桐生女子高校(普通科)(外部リンク) 太田フレックス高校(普通科)(外部リンク)

10-2 大学や専門学校へ進学できますか。

(問い合わせ先電話番号)高校教育課 027-226-4647

 高等学校を卒業していなくても「高等学校卒業程度認定試験」に合格することで、高校卒業者と同等以上の学力があると認められ、大学・短大・専門学校の受験資格が与えられます。また、高等学校卒業者と同等以上の学力がある者として認定され、就職や資格試験等に活用することができます。

10-3 県内に専門的な技能・技術を身に付けられる学校がありますか。

(問い合わせ先電話番号)高校教育課 027-226-4647

 出願資格を中学校卒業者とする課程や科を設置する県立産業技術専門校が3校あります(出願資格を高等学校卒業者とする課程や科もあります)。

群馬県立前橋産業技術専門校(外部リンク)

群馬県立高崎産業技術専門校(外部リンク)

群馬県立太田産業技術専門校(外部リンク)

 県立産業技術専門校の他に、県内には、中学校卒業者を対象とした高等課程を設置する専修学校もあります。

10-4 仕事に就きたいのですが、どうしたらよいですか。

 次の機関では、みなさんの職業的自立を支援しています。職業相談や就職セミナーなども実施しています。

ぐんま若者サポートステーション

群馬県若者就職支援センター(ジョブカフェぐんま:外部リンク)

群馬県内のハローワーク(外部リンク)

10-5 県内に生活面で相談できる機関がありますか。

 次の機関では、こころの悩みや不安について、本人及びその家族の方からの相談に応じています。

群馬県こころの健康センター

県内の児童相談所

県内の保健福祉事務所

11 その他

11-1 県内のイベント情報を教えてください。

 群馬県・群馬県教育委員会関連のイベントは、イベントカレンダーに掲載されています。県内各地の、面白くてためになるイベントがたくさん掲載されています。皆さんの参加をお待ちしています。

11-2 生涯学習の講座情報を教えてください。

(問い合わせ先電話番号)027-224-5700

 生涯学習センターでは、群馬県生涯学習情報提供システム「まなびねっとぐんま」(外部リンク)を運営し、県や市町村、民間教育事業者等が行う講座などの情報をお知らせしています。

 また、講師になっていただける方や、仲間を募集している生涯学習団体などの紹介も行っています。


<< 群馬県教育委員会ホームページへ戻る <<

このページについてのお問い合わせ

教育委員会事務局総務課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-4521
FAX 027-243-7786
E-mail kisoumuka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。