本文へ
表示モードの切替
印刷

史跡上野国分寺跡の発掘調査について

発掘調査・史跡整備の経緯

これまでの発掘調査

 県教育委員会では、昭和48年(1973)から史跡上野国分寺跡の本格的な保存・整備に着手し(平成6年(1994)まで)、昭和55年(1980)から63年度(1988)にかけて発掘調査を実施しました。南辺築垣と南大門跡及び金堂跡と塔跡を中心に、寺域全体に広範囲に試掘坑(トレンチ)を設定し、史跡指定地の約19.3パーセントにあたる面積を発掘調査しました。

史跡整備

 上記の発掘調査の結果を踏まえ、県教育委員会では、史跡上野国分寺跡を恒久的に保護・保存し、県民の皆様に広くわかりやすく公開し、史跡への理解をより深めてもらうことを目的として史跡整備事業を計画し、昭和63年(1988)2月に「史跡上野国分寺跡整備基本設計書」を作成しました。このときに予定された事業の柱は、次の4点です。

  1. 塔と金堂基壇の「復原修理」を行い、古代の景観を再現する。
  2. 国分寺の正面である南大門と南辺築垣の復原を行い、古代の景観を再現する。
  3. 史跡指定地の南端に見学者用のガイダンス施設を建設する。
  4. 史跡指定地南西部を地形復原し、史跡の見学環境を整える。

 県教育委員会では、平成2年度(1990)以降、本格的な史跡整備に着手し、平成5年度(1993)にかけて塔及び金堂基壇、築垣の一部、部分的な地形復元、そしてガイダンス施設建設や築垣周辺整備を実施しました。平成22年度(2010)には、史跡の活用促進を図るため、史跡の南側に進入路と駐車場を整備しました。ただし、南大門及び築垣の一部、金堂周辺、残りの地形復元などは、用地未解決等の理由により未整備のままとなっていました。

今回の発掘調査の目的と予定地

 県教育委員会では、長らく中断していた史跡整備を平成24年度(2012)から再開しました。その中の主要な取組として、平成24年度(2012)から28年度(2016)にかけて、発掘調査を実施することになりました。その内容は、先の発掘調査時に用地の取得がなされずに発掘調査ができなかった箇所(寺域南東部の一角、復元された東側南辺築垣の南側の広場、南東辺築垣推定地など)のほか、先の発掘調査時に遺構が十分確認できなかった箇所(南大門跡や金堂院周辺)の再発掘調査を実施します。最小限の試掘坑(トレンチ)を入れて遺構の状況を確認し、今後の史跡整備に向けての基礎情報を得ようとするものです。
 なお、発掘調査の現場では、危険な箇所も多々ありますので、くれぐれも、無断で発掘調査の現場に立ち入らないようご協力をお願いします。また、見学については、係員の許可を得てからご見学ください。場合によっては、発掘調査の作業の状況から係員が見学に応じられないこともありますが、ご理解・ご協力をお願いします。

 平成24年度の発掘調査

 平成25年度の発掘調査

 平成26年度の発掘調査

 平成27年度の発掘調査

 平成28年度の発掘調査

平成24年度の発掘調査

南大門跡の発掘調査

 南大門跡は、既に発掘調査が行われていましたが、史跡整備に向けてより精確かつ詳細な情報を得るため、約28年ぶりに全面的な再発掘調査を実施しました。調査面積は約350平方メートルです。その結果、先の発掘調査で見つかった礎石3基をはじめとする内容を確認しました。専門家の指導・助言を受けながら、更に詳しく発掘調査を進めています。

検出された南大門東端にあたる3つの礎石の写真
検出された南大門東端にあたる3つの礎石

寺域南東部の発掘調査

 先の発掘調査時には、用地が未買収だったために、今まで全く発掘調査がなされなかった場所です。南北方向に約70メートル程度、東西方向に約110メートル程度の試掘坑(トレンチ)を計3箇所入れ、遺構の状況を確認しています。東西方向の試掘坑(トレンチ)では、西側で長さ約30メートル以上にわたって、数センチメートル以下の厚さになるまで、固く突き固めた土砂が層をなす版築(はんちく)の技法で作られていたことを確認しました。版築は、礎石を伴うような堅固な建物の基礎として古代から行われている一般的な整地の方法です。西端は、水路によって壊されてしまっていますが、南大門と金堂の間に位置しており、回廊と中門の跡の可能性があります。

中門の礎石の可能性がある石の写真
中門の礎石の可能性がある石

平成25年度の発掘調査(5月~11月)

南大門の発掘調査

 南大門の調査では、今まで見つかっていた東辺の礎石3基に加え、新たに水路に落ち込んだ2基を発見しました。根石(礎石の下に敷く石組み)と一緒に斜面にずり落ちている状態であることから、もともとはそう遠くない位置にあったと考えられます。
 今後の建物復元整備に向けて、重要な発見となりました。

新たに発見された礎石2基(写真左)の写真
新たに発見された礎石2基(写真左)

中門の発掘調査

 中門東端部の掘り込み地業を確認しました。南北規模は約12メートルあります。回廊との間には、10メートル×2メートル程の布掘り地業が見つかりました。柱1列分と考えられることから、中門と回廊を取り付けるための最終的な工事によるものと考えられます。

中門のものと思われる礎石の写真
中門のものと思われる礎石
中門確認状況の写真
中門確認状況(人がいる区画が布掘り地業、左が中門、右が回廊)

回廊の発掘調査

 昨年度見つかった根石1から北に向かって一直線に並ぶ根石列を発見しました。それぞれの根石の間隔は3メートル(10尺)で、規則的に配置されています。また根石1から南へ10尺、さらにそこから90度西へ折れ曲がった10尺の位置で根石4が見つかりました。これらの発見から、東面及び南面回廊であることが確実となりました。
 また断面の観察から、回廊の基礎部分である版築層の幅が10.8メートル(36尺)あることが判明しました。通常の国分寺に多い単廊としては規模が大きすぎることから、複廊(真ん中を壁にして両側2本の通り道がある廊下)であったと想定されます。

根石4の写真
根石4
東面回廊の根石位置の写真
東面回廊の根石位置

平成26年度の発掘調査(5月~10月)

中門の発掘調査(5月~8月)

 平成26年度は、中門掘り込み地業の東西規模を確認すべく、前年度調査区の水路を挟んだ西側の調査を行いました。その結果、掘り込み地業の西端部が確認でき、東西規模が約15メートルあることが分かりました。これにより、掘り込み地業の規模が東西15メートル、南北12メートルであることが判明しました。また掘り込み地業の西側には、東側と同様に布掘り地業が確認されました。

中門全景の写真
中門全景(人がいる部分が中門、両脇に布掘り地業が見える)

回廊の発掘調査(5月~8月)

 北面回廊と考えられる掘り込み地業をはじめて確認しました。西面回廊が復元された金堂基壇まで延びていかず、塔の東側の位置で曲がることから、金堂の位置を再検討する必要性が出てきました。今年度後半(9,10月)に推定金堂地区の調査を進め、確認する予定です。

北面回廊の北西角部分の写真
北面回廊の北西角部分

推定金堂地区の発掘調査(9月~10月)

 今年度前半の調査で北面回廊が見つかったことから、その回廊が延びる先に金堂があると想定し、調査を進めました。その結果、金堂の北東コーナーにあたる掘り込み地業を確認しました。見つかった範囲は6メートル×6メートル程ですが、20メートル程西側でも北縁部分が確認されています。残存する掘り込みは15センチメートル程とあまり深くありませんが、硬く明瞭な版築層が確認できました。掘り込み地業の範囲は、東西28.5メートル、南北19メートル程の規模と推定しています。その南西部では落とし込まれた礎石が見つかりました。直径が130センチメートルもある堂々とした石で、金堂に据え付けられていたことは間違いないと思われます。
 今回の金堂発見により、金堂はこれまでの想定より約40メートル南の位置に、塔と並んで建てられていたことが判明しました。となると、これまで金堂とされていた建物は何だったのか、という問題が浮上してきます。単純に配置から考えれば講堂ですが、礎石のつくりが格式が高く、講堂に似つかわしくないという意見もあります。このことも視野に入れ、来年度調査を検討していきます。

金堂北東コーナーの掘り込み地業の写真
金堂北東コーナーの掘り込み地業
落とし込まれた金堂の礎石の写真
落とし込まれた金堂の礎石

平成27年度の発掘調査(5月~10月)

回廊の発掘調査

 西面回廊外筋の根石列をはじめて発見しました。残念ながら、梁行(内筋)の根石列は見つかりませんでしたが、これまでに確認されている南東部の根石列から単廊を復元し、伽藍中軸線で折り返してみると、今回見つかった根石列が近い位置にあること、複廊の中央筋にあたる根石が確認できないことから、単廊の可能性が高くなりました。

西面回廊外筋の根石列(作業員が立っている位置、3基が発見された)の写真
西面回廊外筋の根石列(作業員が立っている位置、3基が発見された)

金堂の発掘調査

 昨年度に見つかった金堂北東角の掘り込み地業から、さらに南、西にかけて広がる版築層を発見しました。これにより東西約12メートル、南北約13メートルの範囲が確認されたことになります。掘り込み地業の規模は、伽藍中軸線や塔との配置関係を参考にすると東西28.5メートル、南北19メートル程と推定できます。金堂は、講堂よりも一回り小さい建物だったようです。

金堂の版築層(黒く見える部分が版築層)の写真
金堂の版築層(黒く見える部分が版築層)

旧講堂地区の発掘調査

 昭和58年度調査で確認されていた柱穴列を再確認しました。北及び南側に同様の柱穴が見つかりませんので、東西方向の1本柱列であることは間違いありません。このことから目隠し塀のような構造物が考えられます。東端及び西端は、推定講堂建物の幅に合わせているようです。推定講堂基壇の北縁からは24メートル(80尺)程の位置に建てられています。

目隠し塀(柱位置に作業員が立っている。現地説明会開催後、西側でさらに1基発見された。手前は復元された推定講堂の基壇)の写真
目隠し塀(柱位置に作業員が立っている。現地説明会開催後、西側でさらに1基発見された。手前は復元された推定講堂の基壇)

梵鐘鋳造遺構の発掘調査

 直径2メートル程の円形に掘りくぼめて鋳型を設置した跡です。底面に掛木を設置したと考えられる溝が1条確認されました。埋土中からたくさんの鋳型片、粘土塊が出土しましたが、土器の出土がなかったため、はっきりした年代は今のところ分かりません。

梵鐘鋳造遺構の写真
梵鐘鋳造遺構

平成28年度の発掘調査(5月~11月)

経蔵・鐘楼地区の発掘調査

 昭和57年度調査で確認されていた掘立柱建物跡を再確認しました。3間×2間の南北棟の建物で、柱間は7尺(約2.1メートル)等間です。北半の黒く見える土は版築層で、基壇建物の基礎部分になります。掘立柱建物の柱穴が版築層を壊して掘られていることから、当初、基壇建物で建てられていたものが、建て替えによって掘立柱建物に造り替えられたことが分かります。この建物は、金堂と講堂のちょうど中間位置で西面回廊の北延長線上にあることから、経蔵ないし鐘楼の建物跡と考えられます。

経蔵ないし鐘楼と考えられる掘立柱建物と版築層(南から)の画像
経蔵ないし鐘楼と考えられる掘立柱建物と版築層(南から)

南辺築垣の発掘調査

 築垣は一部が確認されたのみでしたが、築垣想定位置で掘立柱塀と考えられる柱穴列が見つかりました。計6基が確認され、うち1つが築垣の版築層下で見つかりました。このことから築垣の前に造られたものであることが分かります。また、築垣の北側を壊すように大きな溝が掘られていることが確認されました。溝は掘り直しが行われており、最も新しい溝の埋土上位に浅間B軽石が堆積しています。このことから1108年以前には掘られていたことが分かります。築垣が壊れたあとに掘られたものと考えられます。これらのことから寺域南辺東側は、掘立柱塀→築垣→溝と変わったことが想定されますが、東部は谷が入っており溝が確認されたのみでした。

掘立柱塀の柱穴列(上空から、上が南、右端中央の高まりは築垣基部)の画像
掘立柱塀の柱穴列(上空から、上が南、右端中央の高まりは築垣基部)
掘立柱塀の柱穴列(東から、奥に見えるのが復元築垣)の画像
掘立柱塀の柱穴列(東から、奥に見えるのが復元築垣)

 他にも西大門や僧房を確認するための調査を行いましたが、建物の痕跡は全く見つかりませんでした。

報告書

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

教育委員会事務局文化財保護課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-4684
FAX 027-243-7785
E-mail kibunkaho@pref.gunma.lg.jp