本文へ
表示モードの切替
印刷

県庁エコスタイルDayについて

 地球温暖化対策を推進し、環境への負荷が少ない低炭素社会を実現するためには、私たちの「ライフスタイル」や「ワーキングスタイル」を変え、一人ひとりが省エネ・節電行動等を実践し、継続していくことが必要です。
 そのため、省エネ・節電など環境負荷が少ない行動を「エコスタイル」として推進していきます。
 その率先行動として、各職場での省エネ・節電行動等の意識をより高め、定着していく「県庁エコスタイルDay」を導入します。

1 導入の目的

(1)県庁における地球温暖化対策の推進

 県庁の温暖化対策計画「群馬県地球温暖化対策実行計画(事務事業編)」では、平成32年度に平成19年度比で温室効果ガスを11%削減という目標を掲げており、目標達成のため、省エネ・節電行動等の更なる徹底を図っていく。

(2)県民運動を目指した率先行動

 県内の地球温暖化対策を推進するため、職場での「エコスタイル」を実践し、職員の家庭での取組へと広めながら、将来的には「ぐんまエコスタイル(仮称)」として、市町村や民間事業者、一般家庭へ普及していくことを目指す。

2 県庁エコスタイルDayの取組内容

(1)設定日

 毎月第一水曜日(平成28年7月6日(水)から開始)

(2)取組内容

 省エネ・節電、エコドライブ、エコ通勤、グリーン購入、資源ごみの分別など「県庁エコスタイル標準行動(別紙)」の実践状況を各職員が確認する。

(3)職員への周知等

 「総務事務システム」へ掲示するとともに、ポスターを職場に貼り、職員への周知を図る。また、取組状況を確認する。

県庁エコスタイル標準行動

県庁エコスタイル標準行動一覧
省エネ・節電 1.執務エリアの照明は間引く
2.昼休み時には一斉消灯し、必要な箇所のみ点灯する
3.照明器具は、定期的に清掃を行う
4.来客の多い所属以外は、冷暖房効率を上げるために出入口を閉める
5.夏・冬以外は窓の開閉等による温度調節を基本とし、冷暖房の使用はできるだけ控える
6.太陽光を遮断するため、夏場には緑のカーテン、よしず等を設置する
7.冷暖房時は、見えやすい位置に温湿度計を置くなどにより適切な温度管理を行う
8.繁忙時を除き、複数台あるコピー機、プリンターは使用台数を制限する
9.使用していないテレビなどの電化製品は、待機電力を削減するためコンセントを抜く
10.毎週水曜日を全庁一斉退庁日とし、更に一日、各職場の自主的な一斉退庁日の設定について徹底する
エコドライブ等 11.同じ方面への出張の際はなるべく乗り合わせる
12.2km以内の一人での出張は自転車を利用する
13.公共交通機関で日帰り可能な地域へは、公共交通機関を利用する
14.エコカーを率先して利用する
15.運転時はエコドライブに努める
16.定期的なタイヤ空気圧等の点検に努める
エコ通勤 17.自動車通勤から、公共交通機関(電車、バス等)、自転車、徒歩などの通勤方法に転換する
グリーン購入 18.環境負荷の低減に配慮した物品を購入する
資源ごみの分別等 19.分別方法に従い、正しく分別し再資源化を図る
20.紙類は、コピー用紙、新聞紙、雑古紙、段ボールなど、指定された区分に細分別する
21.ペットボトルは、キャップ・ラベルを外し、軽く洗浄してリサイクルする
22.プラスチック類やプラスチック容器は、軽く洗浄してリサイクルする
23.コピー用紙の裏面利用、両面印刷を徹底する

※上記行動は、標準的なものであり、各職場の実情に合わせ、可能なものについて取り組むこととする。

このページについてのお問い合わせ

環境森林部環境エネルギー課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2817
FAX 027-243-7702
E-mail kaneneka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。