本文へ
表示モードの切替
印刷

平成30年度外国人児童生徒のための「心理コーディネーター養成講座」を開催します ※第1回の日程に変更がありました【11月10日、17日、12月1日、8日、15日開催】

 群馬県では、不登校に陥る可能性の高い、または既に不登校・不就学に陥っている外国人児童生徒を主な対象として、支援者が学校や家庭等に赴き、心理カウンセリングや日本語指導等を行う「外国人児童生徒等教育・心理サポート事業」を実施しています。
 平成30年度も、以下のとおり、外国につながりのある子どもたちを地域で支える「心理コーディネーター養成講座」を実施します。

※第1回の日程に変更がありました。
 日程:10月27日(土)から12月15日(土)に変更
 時間:14時30分~16時30分から13時50分~15時50分に変更
 場所:伊勢崎市民プラザ(変更なし)

1 日程

11月10日(土)、11月17日(土)、12月1日(土)、12月8日(土)、12月15日(土) 全5回

2 時間

別添チラシ参照

3 会場

第1回~第3回:伊勢崎市絣の郷(伊勢崎市昭和町1712番地2)
第4回~第5回:伊勢崎市市民プラザ(伊勢崎市富塚町220番地13)

4 内容

講義(子どものアイデンティティ、子どもをとりまく差別と偏見、支援者自身のメンタルヘルス)と、参加者から提出いただく現実のケースを基に、講師と参加者で議論をしながら学ぶケーススタディを行います。
参加者から、事前または当日に具体的なケースを出していただき、問題の見つけ方や、教室や家庭でできる支援を一緒に考えます。
(出していただくケースは、個人情報(個人が誰であるか分かってしまう情報)を除いて出していただくようにします。)
また、参加者には、守秘義務(秘密を守る)の書類に署名をいただきます。

どうしたらいいか困ったケースやどのように対応すればよいかわからないケースについて、講師の方を中心に一緒に考えましょう。

第1回(11月10日(土) )「子どもをとりまく差別と偏見を考える」

講師:明治学院大学心理学部教育発達学科 教授 澁谷恵氏

第2回(11月17日(土))「多文化ルーツの子どもと親の支援と連携」

講師:四谷ゆいクリニック・千葉メンタルクリニック 臨床心理士 田中ネリ氏

第3回(12月1日(土))「学習や行動面で支援を必要とする子どもの事例検討」

講師:明治学院大学心理学部教育発達学科 教授 緒方明子氏
(スカイプによるテレビ会議形式)

第4回(12月8日(土))「思春期の子どもの心理およびアイデンティティ発達」

講師:四谷ゆいクリニック・国立国際医療研究センター小児科 臨床心理士 津田友理香氏

第5回(12月15日(土))「支援者のメンタルヘルス」

講師:明治学院大学心理学部心理学科 教授 杉山恵理子氏

5 定員

15名

6 参加対象

外国人児童生徒の心理サポートに関心のある方(日本人、外国人)

7 主催

群馬県
※本事業はNPO法人Gコミュニティ(伊勢崎市)に委託して実施します。

8 共催

明治学院大学心理学部 特別プロジェクト

9 申込方法

お名前、住所、職業もしくは所属、電話番号、メールアドレス、年齢、国籍を添えてお申し込みください。

申込先:NPO法人Gコミュニティ
Eメール:jp.ed.gcommunity@gmail.com
電話番号:070-5021-9103

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

生活文化スポーツ部人権男女・多文化共生課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3396
FAX 027-220-4424
E-mail jinkenka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。