本文へ
表示モードの切替
印刷

群馬県バイオマス活用推進計画

1 計画策定の趣旨

 県では、本県の自然的条件及び経済・社会的条件に即したバイオマス活用施策を効果的に推進するため、平成24年3月に「群馬県バイオマス活用推進計画」を策定し、計画の進捗状況について点検・評価を行ってきましたが、計画の策定から5年が経過したことから、バイオマスを取り巻く状況の変化や計画の進捗状況等を踏まえ、利用量の目標等について見直しを行いました。

2 計画の位置付け

 バイオマス活用推進基本法に基づく都道府県バイオマス活用推進計画として策定するものであり、また、「はばたけ群馬プラン2」及び「群馬県環境基本計画2016-2019」を上位計画として、バイオマスの活用推進に関する本県の基本的な取組方針を定めた計画です。

3 計画の期間

 計画の期間は、2012年度(平成24年度)から2021年度(平成33年度)の10年間とします。なお、2016年度(平成28年度)に計画の見直しを行いました。

4 基本的な取組方針

 豊富に存在するバイオマスを有効活用した地域循環型システムを構築し、新たな技術の開発と産業の育成により、環境負荷の少ない低炭素・循環型社会を実現する『バイオマス先進県ぐんま』を目指します。

5 バイオマス利用の目標

※数値は炭素換算、単位はトン/年

目標数値
種別 計画策定時(2010年度)
利用率
現状(2015年度) 目標(2021年度)
賦存量 利用量 利用率 賦存量 利用量 利用率
わら類 97% 45,027 43,937 98% 43,489 43,489 100%
もみ殻 90% 5,148 4,504 87% 4,893 4,893 100%
条桑育残さ 100% 741 741 100% 613 613 100%
収穫残さ 97% 16,309 15,827 97% 16,762 16,762 100%
剪定枝 38% 5,783 3,027 52% 5,326 3,995 75%
家畜排せつ物 78% 180,257 141,132 78% 179,162 140,350 78%
林地残材 ほとんど未利用 37,000 9,291 25% 48,808 17,260 35%
製材残材 97% 11,794 11,239 95% 13,386 13,386 100%
建設発生木材 81% 34,431 30,997 90% 34,035 30,645 90%
動植物性残さ 77% 4,344 3,374 78% 4,136 3,516 85%
事業系生ごみ 77% 2,454 1,953 80% 2,179 1,743 80%
家庭系生ごみ 77% 6,684 5,289 79% 6,480 5,184 80%
下水汚泥 91% 8,445 8,379 99% 9,037 8,966 99%
し尿・浄化槽汚泥 3% 3,709 45 1% 3,576 96 3%
農業集落排水汚泥 84% 337 250 74% 378 337 89%
71% 362,463 279,985 77% 372,260 291,235 78%

6 計画本文

群馬県バイオマス活用推進計画(改定版)(PDF:2.8MB)
  • 第1章 計画の基本的事項
  • 第2章 本県におけるこれまでの取組
  • 第3章 バイオマスの発生と利用
  • 第4章 バイオマス活用の課題と取組方針
  • 第5章 バイオマス活用に向けた各主体別の取組
  • 第6章 計画の推進と進行管理
  • 参考資料編

【参考】

群馬県バイオマス活用推進計画(改定前)(PDF:2.8MB)

バイオマスの活用推進へ戻る

このページについてのお問い合わせ

環境森林部環境エネルギー課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-897-2752
FAX 027-243-7702
E-mail kaneneka@pref.gunma.lg.jp