本文へ
表示モードの切替
印刷

浄化槽の法定検査について

7条検査

 浄化槽を設置した方は、浄化槽の使用開始後3ヶ月を経過した日から5ヶ月間に、「法定検査(7条検査)」を受検することが浄化槽法第7条により義務づけられています。
 群馬県知事の指定した検査機関(公益財団法人 群馬県環境検査事業団)から、「浄化槽法定検査(7条検査)の受検について」の通知が郵送されましたら必ず受検してください。

法定検査(7条検査)

浄化槽の工事が適切に行われて、浄化槽が本来の機能を発揮しているかを確認するため、浄化槽管理者は、法定検査(7条検査)を受検することが浄化槽法により義務づけられています。
浄化槽を自動車に例えると、「浄化槽の法定検査」は、浄化槽が正常に機能し始めた頃に行うため、「最初の自動車の車検」に該当します。
なお、法定検査は、群馬県知事が指定した検査機関が行います。

指定検査機関とは

法定検査は、浄化槽法に基づく検査なので、公平かつ中立に実施しなければなりません。そのため、法定検査は、群馬県知事が指定した検査機関である指定検査機関だけが行うことができます。
「公益財団法人 群馬県環境検査事業団」は、群馬県知事が指定した県内で唯一の検査機関なので、安心して法定検査を受検してください。

7条検査概要

検査の種類

設置後の水質検査(7条検査)

外観検査

浄化槽の設置場所で、外観及び浄化槽内部の目視により、以下の項目を検査します。
  • 設置状況
  • 設備の稼働状況
  • 水の流れ方の状況
  • 使用の状況
  • 悪臭の発生
  • 消毒の実施状況
  • 蚊、ハエ等の発生状況

水質検査

  • 水素イオン濃度指数(pH)
  • 汚泥沈殿率
  • 溶存酸素量(DO)
  • 透視度
  • 残留塩素濃度
  • 生物化学的酸素要求量(BOD)

書類検査

使用開始前に行った保守点検の記録等を参考に、適正に設置されているか否かを検査

11条検査

 浄化槽を使用している方は、専門業者等による保守点検や清掃を実施していても、「法定検査(11条検査)」を受検することが浄化槽法(昭和58年法律第43号)第11条により義務づけられています。
 50人槽以下の浄化槽については、新方式による法定検査が受検できます。

法定検査(11条検査)

浄化槽が日頃、適正に維持管理され、正常に機能しているかを確認するため、浄化槽管理者は、毎年1回の法定検査(11条検査)を受検することが浄化槽法により義務づけられています。
浄化槽を自動車に例えると、「浄化槽の保守点検及び清掃」は「自動車の給油や点検」、「浄化槽の法定検査」は、点検が適正に行われて、現在の状況が正常であるか等を検査する「自動車の車検」に該当します。

群馬県では、50人槽以下の浄化槽の法定検査(11条検査)に新方式が導入されています。

新方式11条検査の実施方法について

平成17年4月から導入される新方式は、現地検査と水質検査(BOD検査)の採水を、指定検査機関(公益財団法人 群馬県環境検査事業団)から指定された指定採水員が行い、書類検査と総合判定は指定検査機関の検査員が行う方式です。

新方式(50人槽以下)による検査の流れ

  • 契約している保守点検業者を通して、検査を申し込みます。
  • 指定検査機関から指定を受けた指定採水員(保守点検業者)が検査用試料の採水、外観チェック等を毎年一回行い、採水した水と検査票を指定検査機関等へ送ります。通常の保守点検票、清掃の記録もいっしょに送られます。
  • 水質検査結果と検査票及び保守点検・清掃の記録を指定検査機関の検査員が確認し、検査結果書を作成します。
  • 検査結果書は、保守点検業者を経由して、浄化槽管理者へ交付されます。
新方式による検査の流れイメージ画像

新方式の11条検査の料金

 5,120円(50人槽以下の浄化槽1基当たり・非課税)

  • 契約されている保守点検業者を通して検査を申し込むことができます。
  • 検査料金は保守点検の契約時に 一括してお支払いください。

指定検査機関の検査員が実施する11条検査

 次のいずれかに該当する場合には、従来どおり県の指定検査機関である公益財団法人群馬県環境検査事業団の検査員が現地に直接伺って検査を実施します。

  • 処理対象人数が51人以上の浄化槽(毎年1回の検査が必要です)
  • 新方式の11条検査で「不適」となった浄化槽(その翌年の検査に限る)
  • 新方式の11条検査を実施している浄化槽については、定年周期(10年に1回)で検査員による検査が実施されます。(この回は、新方式の11条検査は行いません。)
11条検査概要

検査の種類

指定検査機関の検査員が実施する定期検査(11条検査)

外観検査

浄化槽の設置場所で、外観及び浄化槽内部の目視により、以下の項目を検査します。
  • 設置状況
  • 設備の稼働状況
  • 水の流れ方の状況
  • 使用の状況
  • 悪臭の発生
  • 消毒の実施状況
  • 蚊、ハエ等の発生状況

水質検査

  • 水素イオン濃度指数(pH)
  • 溶存酸素量(DO)
  • 残留塩素濃度
  • 生物化学的酸素要求量(BOD)

書類検査

保守点検及び清掃の記録、前回の検査の記録等を参考に、保守点検及び清掃が適正に実施されているか否かを検査

法定検査についてのお問い合わせ先

  1. ご契約している各保守点検業者
  2. 指定検査機関
    • 公益財団法人 群馬県環境検査事業団
    • 前橋市元総社町1120-1
    • 電話 027-280-5222
  3. 関係する行政機関
行政機関一覧

課・事務所名

電話番号

群馬県廃棄物・リサイクル課(県庁内) 027-226-2853
中部環境事務所 027-219-2021

西部環境森林事務所

027-323-5530

吾妻環境森林事務所

0279-75-4611

利根沼田環境森林事務所

0278-22-4481

東部環境事務所

0276-31-2517

 汚れた生活排水が流されると、皆さんの周りの水環境が汚れてしまいます。水をきれいにするために、浄化槽の法定検査へのご理解と御協力をお願いします。

このページについてのお問い合わせ

環境森林部廃棄物・リサイクル課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2853
FAX 027-223-7292
E-mail haikirisaka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。