トップページ > くらし・環境 > 環境・森林 > 環境政策 > 自然環境 > 野生鳥獣 > 野鳥における鳥インフルエンザについて

野鳥における鳥インフルエンザについて

 群馬県では、環境省による「野鳥における高病原性鳥インフルエンザに係る対応技術マニュアル(以下、環境省マニュアル)」に基づき野鳥におけるサーベイランス(調査)として、死亡野鳥の検査を実施しています。
 野鳥の監視体制は、対応レベル1から3に区分して対応しており、現在の対応レベルは国内複数発生時の「対応レベル3」となっています。

参考:「環境省マニュアル簡易版(感染リスクの高い種一覧含む)(環境省ホームページ PD・1.36MB:外部リンク)

現在の対応レベル:対応レベル3(平成28年11月21日現在)

1 死亡野鳥の回収及び検査の基準について

 群馬県では、野鳥が不自然に死亡している場合や、一ヶ所で大量に死亡している場合は、環境省の示す基準(下表参照)に基づいて検査を実施しています。
 なお、建物や電線等に衝突するなど明らかに死因が判断される場合には、検査の必要はないと考えております。また死後日数が経過し腐敗が進んだものについては検査を実施することができません。

発生状況に応じた対応レベルの概要

  • ※対応レベルとは、高病原性鳥インフルエンザの発生状況により環境省が設定する監視体制の度合のことです。
  • ※必要に応じて、近隣国発生時等の場合も対応レベル2または3になり、野鳥監視重点区域も指定されます。

発生状況に応じた対応レベルの概要一覧
発生状況等 全国 発生地周辺(発生地から半径10km以内を基本)
通常時 対応レベル1 野鳥監視重点区域に指定
国内発生時(単発時) 対応レベル2 野鳥監視重点区域に指定
国内複数箇所発生時 対応レベル3 野鳥監視重点区域に指定

対応レベルの主な調査の実施内容

死亡野鳥等調査の場合
対応レベル リスク種1 リスク種2 リスク種3 その他の種
対応レベル1 1羽以上 3羽以上 10羽以上 10羽以上
対応レベル2 1羽以上 1羽以上 10羽以上 10羽以上
対応レベル3 1羽以上 1羽以上 5羽以上 10羽以上
野鳥監視重点区域 1羽以上 1羽以上 3羽以上 3羽以上

糞便調査の場合

 10月以降、偶数月にて実施
 

リスク種の分類

リスク種1

  • カモ目カモ科
    ヒシクイ
    マガン
    シジュウカラガン
    コブハクチョウ
    コハクチョウ
    オオハクチョウ
    オシドリ
    キンクロハジロ
  • タカ目タカ科
    オジロワシ
    オオワシ
    チュウヒ
    ハイタカ
    オオタカ
    サシバ
    ノスリ
    クマタカ
  • ハヤブサ目ハヤブサ科
    チョウゲンボウ
    ハヤブサ

リスク種2

  • カモ目カモ科
    マガモ
    オナガガモ
    トモエガモ
    ホシハジロ
    スズガモ
  • カイツブリ目カイツブリ科
    カイツブリ
    カンムリカイツブリ
    ハジロカイツブリ
  • ツル目ツル科
    マナヅル
    タンチョウ
    ナベヅル
  • ツル目クイナ科
    バン
    オオバン
  • チドリ目カモメ科
    ユリカモメ
  • フクロウ目フクロウ科
    コノハズク
    ワシミミズク
    フクロウ

リスク種3

  • カモ目カモ科
    リスク種1、2以外全種
  • カツオドリ目ウ科
    カワウ
  • ペリカン目サギ科
    全種
  • チドリ目カモメ科
    リスク種1、2以外全種
  • タカ目
    リスク種1、2以外全種
  • フクロウ目
    リスク種1、2以外全種
  • ハヤブサ目
    リスク種1、2以外全種

その他の種

上記以外の鳥種すべて

2 野鳥の接し方について

  • 死亡した野鳥など野生動物には、素手で触らないでください。
  • 日常生活において野鳥など野生動物の排泄物等に触れた後には、手洗いとうがいをしていただければ、過度に心配する必要はありません。
  • 野鳥の糞が靴の裏や車両に付くことにより、鳥インフルエンザウイルスが他の地域へ運ばれるおそれがありますので、野鳥に近づきすぎないようにしてください。特に、靴で糞を踏まないよう十分注意して、必要に応じて消毒を行ってください。
  • 不必要に野鳥を追い立てたり、つかまえようとしないでください。
     

3 連絡先について

 野鳥の鳥インフルエンザに関して相談する場合は、表の県内事務所まで御連絡下さい。なお、死亡野鳥の回収検査に関する相談は、最寄りの環境森林事務所又は森林事務所まで御連絡下さい。

野鳥の鳥インフルエンザに関する連絡先一覧
環境森林事務所
森林事務所
渋川森林事務所 電話 0279-22-2763
西部環境森林事務所 電話 027-323-4021
藤岡森林事務所 電話 0274-22-2253
富岡森林事務所 電話 0274-62-1535
吾妻環境森林事務所 電話 0279-75-4611
利根沼田環境森林事務所 電話 0278-22-4481
桐生森林事務所 電話 0277-52-7373
農業事務所家畜保健衛生課
(家畜保健衛生所)
中部農業事務所家畜保健衛生課
(中部家畜保健衛生所)
電話 027-261-0314 
西部農業事務所家畜保健衛生課
(西部家畜保健衛生所)
電話 027-361-2261
吾妻農業事務所家畜保健衛生課
(吾妻家畜保健衛生所)
電話 0279-75-2240
利根沼田農業事務所家畜保健衛生課
(利根家畜保健衛生所)
電話 0278-24-3888
東部農業事務所家畜保健衛生課
(東部家畜保健衛生所)
電話 0276-45-2041
保健所 渋川保健福祉事務所 電話 0279-22-4166
伊勢崎保健福祉事務所 電話 0270-25-5066
安中保健福祉事務所 電話 027-381-0345
藤岡保健福祉事務所 電話 0274-22-1420
富岡保健福祉事務所 電話 0274-62-1541
吾妻保健福祉事務所 電話 0279-75-3303
利根沼田保健福祉事務所 電話 0278-23-2185
東部保健福祉事務所 電話 0276-31-8241
桐生保健福祉事務所 電話 0277-53-4131
館林保健福祉事務所 電話 0276-72-3230

4 関連情報

このページについてのお問い合わせ

環境森林部自然環境課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2874
FAX 027-243-7702
E-mail kanshizen@pref.gunma.lg.jp