トップページ > くらし・環境 > 環境・森林 > 環境政策 > 森林保護 > (ぐんま緑の県民税) > ぐんま緑の県民税の使い道1 水源地域等の森林整備

ぐんま緑の県民税の使い道1 水源地域等の森林整備

1 条件不利地森林整備

【目的・効果】

  • 森林の公益的機能の維持・増進
  • 災害に強い森林づくり
  • 管理コストの低い森林づくり

【対象森林】

 林業経営が成り立たない条件不利地であって以下の要件を満たす森林でまとまりのある森林を「条件不利地森林整備区域」として設定
  1. 人工林
  2. 林道及び市町村道等からの距離が概ね200メートル以上の森林
  3. 森林経営計画認定森林でないこと。 また、森林経営計画の作成が見込まれていない森林
  4. 過去15年以上森林整備が行われていない森林
  5. 市町村森林整備計画で定める公益的機能別施業森林

【森林整備の内容・実施方法】

  • 間伐等の森林整備の実施
    1. 強度の間伐(本数率で35%以上)、集積
    2. 現場到達のための簡易作業路の設置
    3. 広葉樹の生育がある場合には針広混交林化
  • 県が森林組合、林業会社等へ発注し実施(県営事業)

【実施後の制限等】

 森林所有者と協定を締結(県と森林所有者)
  1. 事業実施後10年間の皆伐、転用の禁止
  2. 公益的機能別施業森林の伐期まで伐採制限(標準伐期齢※+10年 等)

 ※標準伐期齢の具体例(スギ:35年、ヒノキ40年 等)

【整備面積の5カ年計画】

 3,500ヘクタール

森林整備前後の写真


2 水源林機能増進

【目的・効果】

  •  水源林の水源涵養機能の維持・増進
  •  飲用水の安定的な確保

【対象森林】

 市町村が管理する簡易水道等の水源の森林であって以下の要件を満たす森林でまとまりのある森林を「水源林機能増進区域」として設定

  1. 小流域に取水口がありそれに依存する簡易水道等の集水区域の森林
  2. 過密林であって下層植生がないなどの森林整備が必要な森林
  3. 森林経営計画認定森林でないこと。また、森林経営計画の作成が見込まれていない森林
  4.  市町村森林整備計画で定める公益的機能別施業森林

【森林整備の内容、実施方法】

  • 間伐等の森林整備の実施
    1. 強度の間伐(本数率で35%以上)、集積
    2. 現場到達のための簡易作業路の設置
    3. 広葉樹の生育がある場合には針広混交林化
  • 県が森林組合、林業会社等へ発注し実施(県営事業)

【実施後の制限等】

 森林所有者と協定を締結(県と森林所有者)

  1. 事業実施後10年間の皆伐、転用の禁止
  2. 公益的機能別施業森林の伐期まで伐採制限 (標準伐期齢+10年 等)

【整備面積5カ年計画】

 500ヘクタール

3 松くい虫被害地の再生

【目的・効果】

 森林の公益的機能の向上と生態系の回復を図る。

【対象森林】

 松くい虫被害地であって公益的機能が低下し森林の再生が必要な森林であって以下の要件を満たす森林でまとまりのある森林を「被害地森林再生区域」として設定。

  1. 松くい虫被害地の松林
  2. 被害木の割合が50%以上の松林
  3. 事業実施後保安林指定できる森林

【森林整備の内容、実施方法】

  • 被害木の伐倒、植栽、保育の実施
    1. 被害木の伐倒、集積
    2. 地拵え、植栽
    3. 広葉樹の生育がある場合には広葉樹林化
    4. 現場到達のための簡易作業路の設置
    5. 植栽後の下刈、獣害対策を実施
  • 県が森林組合、林業会社等へ発注し実施(県営事業)

【実施後の制限等】

 保安林による制限

【整備面積5カ年計画】

 200ヘクタール

松くい虫被害地の写真


このページについてのお問い合わせ

環境森林部林政課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3211
FAX 027-223-0154
rinseika@pref.gunma.lg.jp