トップページ > くらし・環境 > 環境・森林 > 環境政策 > 森林保護 > (ぐんま緑の県民税) > ぐんま緑の県民税の使い道3 市町村提案型事業

ぐんま緑の県民税の使い道3 市町村提案型事業

3 森林環境教育・普及啓発

水源かん養、災害防止など、森林の持つ公益的機能を広く県民の皆様に知ってもらうため、市町村が行う森林環境教育、普及啓発に対して支援します。

(1)森林環境教育

  • 補助対象:児童生徒や県民を対象とする森林環境教育及び森林体験活動
  • 補助率
  • 【基礎枠】 上限2,000千円
  • (上限額については、普及啓発と合わせた額とする)
    ただし、学校、教育関係団体及びNPO法人に間接補助する場合は1団体当たり年間30万円以内
  • 【加算措置】
    • 学校、教育関係団体が実施する森林環境教育を実施する場合、基礎枠を超える経費について、1校(団体)当たり15万円を上限として加算する。
  • 要件
    • 国庫補助事業等、既存事業との併用は不可
    • 事業期間は県民税の事業期間(5年)以内
    • 森林環境教育の実施にあたっては、専門の講師によるものとする

【事業内容例】

  • 自然観察会
  • 植樹・森林整備体験
  • 木工・クラフト体験
  • 森林体験バスツアー
  • 活動に必要な資材購入 (ヘルメット、観察用具、教材等) など
森林環境教育の様子写真

森林環境教育の様子


(2)普及啓発

  • 補助対象:森林の機能や重要性について普及啓発を図る事業
  • 補助率
  • 【基礎枠】 上限2,000千円
  • (上限額については、森林環境教育と合わせた額とする)
    ただし、学校、教育関係団体及びNPO法人に間接補助する場合は1団体当たり年間30万円以内
  • 【加算措置】
    • 学校、教育関係団体が実施する普及啓発を実施する場合、基礎枠を超える経費について、1校(団体)当たり15万円を上限として加算する。
  • 要件
    • 国庫補助事業等、既存事業との併用は不可
    • 事業期間は県民税の事業期間(5年)以内

【事業内容例】

  • 研修会・シンポジウム等の開催
  • 普及啓発資材作成(パンフレット・冊子等)
  • 各種情報発信 など

みんなの森をみんなで守ろう「ぐんま緑の県民税」のページへ戻る

このページについてのお問い合わせ

環境森林部林政課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3211
FAX 027-223-0154
rinseika@pref.gunma.lg.jp