トップページ > くらし・環境 > 環境・森林 > 環境政策 > 森林保護 > (ぐんま緑の県民税) > ぐんま緑の県民税の使い道3 市町村提案型事業

ぐんま緑の県民税の使い道3 市町村提案型事業

4 森林の公有林化

水資源の安定的な確保を図るため、水源林を購入し公有林化する市町村を支援するほか、貴重な平地林を公有林化あるいは造成しようとする市町村を支援する。

(1)水源地域森林の公有林化

  • 補助対象:以下の要件を満たす森林を公有林化する市町村を支援
    1. 森林内に地域の重要な水源が存在すること。
    2. 公的管理することで、水源かん養機能の持続的な発揮が期待できること。
    3. 市町村森林整備計画の「水源涵養機能維持増進森林」に区分されているか又は区分されることが確実と見込まれること。
    4. 県と森林管理及び転用禁止を定めた20年間の協定を締結すること。
  • 補助率等: 補助率 1/2以内(上限10,000千円/1市町村当たり)                                                                                  

(2)平地林の公有林化

  • 補助対象:以下の要件を満たす平地林を公有林化、あるいは造成しようとする市町村を支援
    1. 快適環境形成機能や保健休養機能が特に求められる森林で公的管理が必要であること。
    2. 市町村森林整備計画の「快適環境形成機能維持増進森林」又は「保健文化機能維持増進森林」に区分されているか又は区分されることが確実と見込まれること。
    3. 森林造成のための用地取得の場合は面積が0.3ヘクタール超え、市街化区域でないこと。
    4. 県と森林管理と転用禁止を定めた20年間の協定を締結すること。
  • 補助率等:補助率 1/2以内(上限10,000千円/1市町村当たり)

みんなの森をみんなで守ろう「ぐんま緑の県民税」のページへ戻る

このページについてのお問い合わせ

環境森林部林政課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3211
FAX 027-223-0154
rinseika@pref.gunma.lg.jp