本文へ
表示モードの切替
印刷

ぐんま緑の県民基金事業 平成26年度実施報告

ぐんま緑の県民基金事業の事業総括

ぐんま緑の県民税評価検証委員会では、税の使途の透明性・公平性を確保するため、事業内容の検討、実績評価・効果検証を行うために設置され、これまで3回の委員会を開催し、平成26年度のぐんま緑の県民基金事業の執行状況や効果について検証・評価を行ってきました。

ぐんま緑の県民税評価検証委員会の総括意見

  • 森林県である群馬県に、県民参加型のぐんま緑の県民税が導入されたことは、高く評価される。初年度は、市町村、県民への周知機会と時間が限られたことから、浸透度が低かったことは否めないが、多くの県民の皆様に、この事業を通じて、森林、里山の現状、県土保全の重要性がこれまでに増して認識いただけるようになったものと捉えられ、導入の意義は十分に評価できる。
  • しかしながら、準備期間が短かったこともあり、山林所有者や地元との調整が難航したことから、今後は関係各所の協力を得て、よりスムーズに事業が進められるような工夫が必要であろう。
  • また、整備希望地域の高齢化問題など、制度設計時には想定していなかった新たな検討事項も出てきた。税事業を導入するにあたり設立された「森林環境税制に関する有識者会議」では、一定の想定のもとに事業内容が決定され、基金の使途も決定されているが、県民ニーズに対応するためには、基金使用の透明化を担保しつつ、柔軟な対応も求められる。

平成26年度ぐんま緑の県民基金事業の実施概要

 財源:【収入】基金(税収、寄附金、運用益) 621,755千円 

 (内訳) 

  • 税収 621,445千円 
  • 寄附金 299千円 
  • 運用益 12千円 ※端数処理のため合計値は合致しません

 使い道:【支出】ぐんま緑の県民基金事業 194,706千円 

 ※繰越として実施する事業 310,465千円

 (内訳)

  • 水源地域等の森林整備 78,081千円
  • 森林ボランティア活動・森林環境教育の推進 4,611千円
  • 市町村提案型事業 74,706千円
  • 制度運営(普及啓発、評価検証、導入経費) 37,308千円

水源地域等の森林整備

水源地域等の森林整備 (金額:千円) 【担当課:林政課】 
区分 事業内容 計画値
(ヘクタール)
実績値
(ヘクタール)
計画 実績
386,092 78,081
条件不利地森林整備 地理的、地形的な条件により林業経営が成り立たず放置されている条件不利な森林の間伐等を実施 区域調査委託 970 977 322,196 53,810
実施調査委託 970 254
森林整備 360  
水源林機能増進 簡易水道等の上流部の森林で水源涵養機能等の低下が懸念される森林を整備し、水源涵養機能を増進 区域調査委託 150 410 40,250 17,788
実施調査委託 150 80
森林整備 50  
松くい虫被害地の再生 松くい虫被害木が放置され、笹竹が繁茂した森林をコナラやスギなどの森林に再生 区域調査委託 50 174 22,766 6,156
実施調査委託 50 32
森林整備 10  
事務費 旅費、備品、消耗品費       880 327

※水源地域等の森林整備については、土地所有者からの承諾及び森林整備に必要な測量・毎木調査等が完了した森林のうち約400ヘクタールの森林整備を発注しましたが、土地所有者等の施業界や境界等の再調整に時間を要したため、年度内に事業が完了しないことから、220,790千円を繰り越しました(平成27年度に実施) 

ボランティア活動・森林環境教育の推進

ボランティア活動・森林環境教育の推進 (金額:千円) 【担当課:緑化推進課】
区分 事業内容 計画値 実績値 計画 実績
6,314 4,611
ボランティア活動の推進 ボランティア情報の収集と提供、指導や森林整備器具の貸出など一体的なサポートを行う森林ボランティア支援センターを整備 森林ボランティア支援センター
設置ホームページ運用開始
平成27年4月 平成26年10月 5,100 3,718
取扱安全講習会 10回 11回
226名
森林整備器具の貸出し   47回
森林環境教育の推進 森林環境教育を推進するため、専門知識を有した指導者を育成 指導者育成カリキュラム作成
受講者募集
    1,214 893
指導者養成講座 4回
20名認定
4回
29名認定

 市町村提案型事業

市町村提案型事業一覧(金額:千円) 【担当課:林政課】
区分 事業内容 事業内容(事業名) 計画 実績
市町村提案型事業 地域の実情に合わせ市町村やボランティア団体等が取り組む事業を支援 
  1. 荒廃した里山・平地林の整備
  2. 貴重な自然環境の保護・保全
  3. 森林環境教育・普及啓発
  4. 森林の公有林化 
  5. 独自提案事業
190,000 74,706

※市町村提案型事業については、採択した事業のうち土地所有者の合意形成などに時間を要したため、年度内に事業が完了しないことから19事業、89,675千円を繰越しました。 

制度運営

制度運営一覧 (金額:千円)
区分 事業内容 計画値 実施値 計画 実績 担当課
40,040 37,309
普及啓発 ぐんま緑の県民税への理解を深めるため、税のしくみ、森林の役割や大切さの普及啓発活動を実施 納税通知書に同封する
チラシの作成
    1,848 834 税務課
普及資材の
(チラシ・ポスター等)作成
    2,936 1,825 林政課
新聞広告 3紙 3紙
事業地等をバスで巡る
現地説明会
3回
(バス3台)
2回
(バス3台)
評価検証 事業の内容検討・実績評価・効果検証などを行う第三者機関を運営 ぐんま緑の県民税
評価検証委員会開催
3回 3回 595 408 林政課
事業の客観的な効果検証を行うために必要な調査・分析 間伐前と間伐後の森林の状況を調査し、事業の効果を検証 20カ所 20カ所 663 663 林業
試験場
ぐんま緑の県民税
導入経費
市町村において、納税通知書にチラシを同封することに伴い増加する郵便料金・封入費用の実費相当額及び賦課徴収に係る事務手続の増加に対する経費相当額を負担 35市町村 35市町村 33,998 33,578 税務課

ぐんま緑の県民基金事業平成26年度実施報告書は下記からダウンロードできます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

環境森林部林政課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3278
FAX 027-223-0154
E-mail rinseika@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。