本文へ
表示モードの切替
印刷

ぐんま緑の県民基金事業 平成28年度実施報告

ぐんま緑の県民基金事業の事業総括

 ぐんま緑の県民税評価検証委員会では、税の使途の透明性・公平性を確保し、事業内容の検討、実績評価・効果検証を行うために設置され、平成28年度は2回の委員会を開催し、平成28年度のぐんま緑の県民基金事業の執行状況や効果について検証・評価を行ってきました。

ぐんま緑の県民税評価検証委員会の総括意見

  • ぐんま緑の県民税が導入され、3年が経過した。導入初年度は、市町村、県民への普及啓発が不足していたこともあり、十分な成果が得られたとは言えなかったが、2年目からは市町村、県民への浸透の効果が現れて、3年目に入ると浸透度が更に増して、着実に県全体に広がりを見せるようになってきたことは高く評価される。
  • 条件不利地森林整備事業は、森林所有者の所在確認や承諾、境界線の確定などに時間を要しており、進捗状況は高いとは言えないものの、本基金によって初めて手がけられた事業であり、地域の森林の状況を熟知している県だからこそ可能となる事業であると評価される。今後は、自治体、森林組合の一層の協力を得て、作業効率を高めて、進捗率を高めること。
  • 森林ボランティア活動については、普及啓発の成果が、森林ボランティア団体数、会員数にあらわれており、着実に成果が積み重ねられており、高く評価できる。インタープリターの育成も順調に推移しており、園児や児童生徒、県民全体への森林環境教育が広がっている。このことは、ぐんま緑の県民税の意義についても理解を深めることに結びつき、森林県である本県において官民一体となった分権型地域づくりの一つのモデルとして高く評価できる。今後は、さらに県民への普及啓発を進め、全県に広がっていくことに期待する。
  • 市町村提案型事業については、平成26年度の29市町村117事業から、平成27年度は31市町村208事業まで増加し、平成28年度は35全市町村266事業まで増加し、県下全市町村で取り組まれるようになったことは高く評価できる。これは、本基金への自治体、住民への浸透度が年々高まってきたからであり、県民参加によって里山整備が進められた。また、希少種の保護など、県民によって環境保全も図られるようになり、後世に群馬の自然環境を伝えることができることも高く評価される。こうした地域の生活環境の改善は、本税を導入したからこそ進められるようになり、ぐんま緑の県民税の導入趣旨に適ったものと評価できる。ただし、事業の継続性に課題が残っており、市町村提案型事業においてB評価が付けられた理由の多くは、この点にあるからでもある。里山の整備や自然環境の保全事業が一過性事業とならないために、県民税の継続を検討し、本事業の継続性を担保することが重要となっている点には留意すること。
  • 制度運営については、順調に進んでいると認められるが、効果検証をさらに進めるためには、現地調査や実際に事業に参画している県民へのヒアリングなどを行うこと。
  • 以上より、森林整備事業については進捗率が低いものの、その理由は概ね想定されていたことであることを配慮すると、本基金は概ね当初の計画通りに推進されており、基金の使途についても妥当であると認められる。
  • ただし、諸事業が一過性の事業とならないようにすることが自治体、県民からも求められており、現状の問題点や課題を整理し、事業の継続性、改善の方向を検討すること。

平成28年度ぐんま緑の県民基金事業の実施概要

 財源:【収入】基金(基金残高・税収、寄附金、運用益) 1,366,670千円

 (内訳)

  • 基金残高 535,523千円
  • 税収 830,327千円
  • 寄附金 450千円
  • 運用益 195千円
  • 諸収入 175千円

 使い道:【支出】ぐんま緑の県民基金事業 958,475千円

 ※繰越として実施する事業 327,282千円

 (内訳)

  • 水源地域等の森林整備 709,718千円
    (内訳)
    • 平成27年度繰越事業 404,293千円
    • 平成28年度事業 305,425千円 ※平成28年度繰越事業 294,820千円
  • 森林ボランティア活動・森林環境教育の推進 12,937千円
  • 市町村提案型事業 232,872千円
    (内訳)
    • 平成27年度繰越事業 34,211千円
    • 平成28年度事業 198,661千円 ※平成28年度繰越事業 32,462千円
  • 制度運営(普及啓発、評価検証) 2,948千円

水源地域等の森林整備

水源地域等の森林整備 【担当課:林政課】
区分 事業内容 平成27年度繰越事業 平成28年度事業
実績値
(ヘクタール)
実績
(千円)
計画値
(ヘクタール)
実績値
(ヘクタール)
計画
(千円)
実績
(千円)
404,293 601,125 305,425
条件不利地森林整備 地理的、地形的な条件により林業経営が成り立たず放置されている条件不利な森林の間伐等を実施 区域調査委託 181 238,424 1,550 669 460,011 177,326
実施計画調査委託 398 800 225
森林整備 337 650 168
補償費      
水源林機能増進 簡易水道等の上流部の森林で水源涵養機能等の低下が懸念される森林を整備し、水源涵養機能を増進 区域調査委託 390 138,012 385 429 85,434 78,553
実施計画調査委託 350 212 94
森林整備 184 100 87
松くい虫被害地の再生 松くい虫被害木が放置され、笹竹が繁茂した森林をコナラやスギなどの森林に再生 区域調査委託   27,857 80 148 54,800 49,540
実施計画調査委託   40 42
森林整備 22 40 29
補償費      
事務費 旅費、備品、消耗品費         880

6

 ボランティア活動・森林環境教育の推進

ボランティア活動・森林環境教育の推進 【担当課:緑化推進課】
区分 事業内容 計画値 実績値 計画(千円) 実績(千円)
14,016 12,937
森林ボランティア活動の推進 森林ボランティア支援センターを運営し、ボランティア情報の収集・発信、安全指導や森林整備作業器具の貸出、ボランティア体験会などを実施 安全講習会 10回 11回
394名
7,730 6,796
ボランティア体験会 3回 5回172名
資機材の貸出   77回
森林環境教育の推進 森林環境教育を推進するため、専門知識を有した指導者を育成 指導者養成講座 12回
25名
12回
26名
6,286 6,141
フォローアップ研修 3回 3回

 市町村提案型事業

市町村提案型事業一覧 【担当課:林政課】
区分 事業内容 平成27年度繰越 平成28年度
実績(千円) 計画(千円) 実績(千円)
市町村提案型事業 地域の実状に合わせ市町村やボランティア団体等が取り組む事業を支援

荒廃した里山・平地林の整備、森林環境教育など、5つのメニューにより支援

34,211 280,000 198,661

制度運営

制度運営一覧
区分 事業内容 計画値 実績値 計画(千円) 実績(千円) 担当課
3,741 2,948
普及啓発 ぐんま緑の県民税への理解を深めるため、税のしくみ、森林の役割や大切さの普及啓発活動を実施 普及資材(パンフレット)の作成 1万部 7千部 1,716 1,227 林政課
事業地等をバスで巡る現地説明会 3回
(バス5台)
3回
(バス5台)
評価検証 事業の内容検討・実績評価・効果検証などを行う第三者機関を運営 ぐんま緑の県民税
評価検証委員会開催
3回 2回 925 621 林政課
事業の客観的な効果検証を行うために必要な調査・分析 間伐前と間伐後の森林の状況を調査し、事業の効果を検証 20カ所 20カ所 1,100 1,100 林業試験場

ぐんま緑の県民基金事業平成28年度実施報告書は下記からダウンロードできます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

環境森林部林政課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3278
FAX 027-223-0154
E-mail rinseika@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。