本文へ
表示モードの切替
印刷

ぐんまの木で家づくり支援事業補助金交付要綱

(趣旨)

第1条 知事は、県産木材の需要拡大を図るため、ぐんま優良木材を使用した住宅を建設、購入等する者に対し、予算の範囲内において、群馬県補助金等に関する規則(昭和31年群馬県規則第68号)およびこの要綱の定めるところにより、補助金を交付する。

(定義)

第2条 この要綱において使用する用語の定義は、それぞれ以下の各号に定めるところによる。

  • 一 「ぐんま優良木材」とは、合法的な手続きを経て伐採された群馬県内産の素材丸太等を原材料として生産される製材品であって、ぐんま優良木材品質認証センター(以下「品質認証センター」という。)が定める「ぐんま優良木材製品品質規格基準」に適合する製材品とする。
  • 二 「構造材」とは、在来軸組工法の構造く体で、軸組、小屋組、床組(土台含む)に使用される部材のうち、床束、床下地板、壁下地板、野地板、貫を除いたものとし、木びろい表(別記様式第7号)に示す部材とする。
  • 三 「内装材」とは、住宅内部の床面、壁面および天井に内装仕上げとして施工される部材とする。また、「建具」とは、建物の出入口等に取り付けられる仕切りで、このうち「引戸等」は、上下又は左右の枠の溝を利用して開閉する片引戸及び引違い戸、並びにはめ殺し戸等とし、「開き戸」は、縦横の枠に丁番や軸を取付けして開閉する片開き戸及び両開き戸等とする。
  • 四 「建設」とは、住宅を新築すること、または住宅の内装工事を行うこととする。
  • 五 「購入」とは、建設された住宅で、まだ人の居住の用に供していないもの(建設工事の完了の日から起算して1年を経過したものを除く。)を購入することとする。

(補助事業者および交付要件)

第3条 補助金の交付の対象となる者は、県内に自己の居住用の住宅を建設または購入する者で、次の各号のいずれかに該当する者を除く。

  • 一 暴力団員(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員をいう。以下同じ。)
  • 二 暴力団員によりその事業活動を実質的に支配されている者
  • 三 暴力団員によりその事業活動に実質的に関与を受けている者
  • 四 自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図り、又は第三者に損害を加える目的をもって、暴力団又は暴力団員を利用するなどしている者
  • 五 暴力団又は暴力団員に対して資金を提供し、又は便宜を供与するなど直接的又は積極的に暴力団の維持又は運営に協力し、又は関与している者
  • 六 暴力団又は暴力団員であることを知りながらこれらを不当に利用している者
  • 七 暴力団員と密接な交友関係を有する者

2 交付要件は、別表第1に掲げる交付区分ごとの条件を満たすものとする。
3 ぐんま優良木材の使用については、品質認証センターが実施する検査を受け、ぐんま優良木材使用住宅証明書の交付を受けるものとする。

(補助金額)

第4条 補助金額は、次の各号に定めるとおりとする。

  • 一 構造材にかかる補助については、別表第2に掲げるとおりとする。
  • 二 内装材にかかる補助については、別表第3に掲げるとおりとする。

(交付申請および交付決定)

第5条 補助金の交付を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、交付申請書(別記様式第1号)に別表第4に掲げる書類を添付し、原則として次の各号に定める時期に品質認証センターを経由して知事に申請しなければならない。

  • 一 構造材にかかる補助は、当該住宅が上棟する日の30日前まで。
  • 二 内装材にかかる補助は、当該住宅の内装材の施工が完了する日の30日前まで。
  • 三 購入する場合は、当該住宅の売買契約の締結後30日以内。

2 知事は、前項の申請書が提出されたときは、その内容を審査し、適当と認めたときは、補助金の交付を決定するとともに、交付決定通知書(別記様式第2号)により、当該申請者に通知する。

(申請内容の変更)

第6条 申請者は、申請内容のうち、次の各号の内容に変更が生じた場合は、変更交付申請書(別記様式第3号)により、速やかに品質認証センターを経由して知事に申請しなければならない。

  • 一 補助金交付決定額
  • 二 構造材にかかる補助は上棟の日、内装材にかかる補助は内装の施工が完了する日が、それぞれ遅れる場合
  • 三 施工業者
  • 四 その他知事が必要と認めるもの

2 知事は、前項の変更申請書が提出されたときは、その内容を審査し、適当と認めたときは、補助金の変更交付を決定するとともに、変更交付決定通知書(別記様式第4号)により、当該申請者に通知する。

(実績報告)

第7条 申請者は、第5条第2項による交付決定の後、実績報告書(別記様式第5号)に別表第5に掲げる書類を添付し、品質認証センターを経由して知事に提出しなければならない。

(額の確定および補助金の交付)

第8条 知事は、前条の報告書が提出されたときは、その内容について審査し、適当と認めたときは、その額を確定するとともに補助金額の確定通知書(別記様式第6号)により当該申請者に通知し、速やかに申請者が指定する口座へ振り込むものとする。

(居住開始の届出)

第9条 本補助金の交付を受けた者のうち、建設または購入した者が当該住宅へ居住を始めたときは、速やかに居住開始届(別記様式第8号)により知事に届け出なければならない。

(書類等の整備)

第10条 申請者は、本事業にかかる帳簿や書類等について、事業が完了した年度の翌年度から5年間はこれを保存しなければならない。

(補助金交付の取り消し等)

第11条 知事は、申請者が本要綱に違反したとき、または虚偽の事項を記載するなど、補助金の交付に関して不正な行為があったときは、補助金の交付決定の取り消しや、既に交付した補助金の全部または一部を返還させることができる。

 附則
1 この要綱は、平成19年4月1日から施行する。

 附則
1 この要綱は、平成20年4月1日から施行する。

 附則
1 この要綱は、平成21年2月1日から施行する。
 附則
1 この要綱は、平成22年4月1日から施行する。
 附則
1 この要綱は、平成23年8月1日から施行する。
 附則
1 この要綱は、平成24年11月1日から施行する。
 附則
1 この要綱は、平成25年4月1日から施行する。
 附則
1 この要綱は、平成26年4月1日から施行する。
 附則
1 この要綱は、平成27年4月1日から施行する。
 附則
1 この要綱は、平成28年4月1日から施行する。
 附則
1 この要綱は、平成29年4月1日から施行する。
 附則
1 この要綱は、平成30年4月1日から施行する。

◎交付要綱の全文(別表、様式を含む)はこちらからダウンロードすることができます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

環境森林部林業振興課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3240
FAX 027-223-0154
E-mail rinshin@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。